はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2014年08月30日

親父が広げる妄想の翼

こんにちは。オレです。


過去一ヶ月間にあった事を遡って、順にお話しています。

おっさん特有の長〜〜〜い文章や言い回しにイラッ(##゚Д゚)っとされてたらごめんなさい。

もう少しだけお付き合いして頂ければ幸いでございます。


前回は親父のせん妄症状と病院を強制退院させられたところで終わりました。

家に戻ってきた親父は、徐々に自分を取り戻してきました。トイレにも一人で行けるようになり、髭を剃って身だしなみに気を使うようにもなりました。

しかし、腰の痛みが取れません。ちょっと動こうとするだけで「アタタタタタタタ」と北斗神拳の雄叫びを上げる始末。

なもんで、昔からかかり付けの病院で再検査してもらうと、やはり圧迫骨折で絶対安静との事。即日再入院です。

今回の病院は、昔から馴染みである事や看護スタッフが高齢者の扱いが上手な事もあり、勝手な徘徊もそれ程せず、2週間後に無事退院となりました。


若干気になっていたのは、病室で「ほら、そこに子犬がいる」と一点を指差す事、何故か本人は隣の県の病院に入院していると言い張る事でした。


まぁ、同室の患者さんのベッドの脇にある採尿袋が白い犬っぽく見えない事もないし、隣の県の事もせん妄症状の一時的なものなのでしょう。

NHK朝ドラの主人公のように親父はこぴっと想像の翼、いや妄想の翼を広げてるだけに違いないとたかをくくるオレ。


二度目の退院から数日間は格段何事もなく、平穏無事に過ぎていきました。

親父の妄想の翼は相変わらず広がったままで、子犬、カラス、猫等が我が家の中を走り回っていたみたいです。

その妄想の翼は徐々に大きくなっている事にその時のオレは気づいていませんでした。


posted by オレ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする