はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年05月31日

親父、相撲部屋のスカウトになる


 こんにちは。オレです。


 本日夕方、いつものようにデイサービスから帰宅した親父。「ちょっと出かけてくる」と言って外に飛び出しました。


 いやいや、あなた今帰ってきたばかりでしょ。どこに行くのですかと訊ねると、「○×■▲が※◆◎★したから」(本当にこんな感じで聞こえた)とまったく言葉にならない言葉(?)を並べて説明するのです。


 その説明みたいなものを5分ほど聞いてオレなりにまとめると

 ・事務所(恐らく通っているデイサービス)に新人が入る。

 ・その新人の家に招待された。

 ・そこには10人程集まる予定になっている。


 らしいのです。


 新人さんが入るのは本当だとしても、なんで利用者が家に招待されるのだよと腹の中で軽くツッコミを入れながらも、徐々に面白くなってきたオレ。更に聞き取りを続けました。


 すると親父の話は徐々にとんでもない方向に。新人さんの呼び名がいつの間にか「新弟子」になり、事務所がいつの間にか「相撲部屋」に変わっていったのです。そして親父の職業は相撲部屋のスカウトに。


 入門する新弟子を迎えにいくために家に行くというストーリーがガッツリと出来上がっていったのです(笑)


 そういえば先週、デイサービスのテレビで大相撲を熱心に見てたと連絡帳に書いてありました。その記憶が親父を転職させたのでしょうか。※ちなみにこの間まで親父の仕事は牛飼いでした。



 延々と説明を続けた親父。ソファーに横になって「疲れた」とひと言。出かける事は忘れてしまったようでした。


 その後、いつものようにじい様プレートで夕食を食べて寝ちゃいました。


本日のじい様プレート

270529.jpg

※プレートだけど親子丼、サバの煮付け、コロッケ、スパサラ

(ちゃんこ鍋じゃなくてごめんなさい)




posted by オレ at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

食への執着がスゴイのです。


 こんにちは。オレです。


 最近、スゴイんです。何がって?親父の食に対する執着が。家族と親父が食卓を囲むのは毎日、朝・夕の2回。


 ここでもお馴染みのじい様プレートの支度ができると「お父さん、ご飯ですよ」と声をかけて食卓に呼ぶのがここ半年お決まりのパターンなのです。


 それがここ数日は、呼ぶ前どころかまだまだ準備中にも関わらずトコトコやって来て自分の椅子に座ります。そしておしゃべりをするわけでもなく、テレビを見るわけでもなく無言で自分の前にプレートが出てくるのを待つのです。


 食卓があるキッチンは狭い為に、早々と座られてしまうと嫁が支度をするのにかなりの邪魔になります。


 「用意が出来たら呼ぶから、部屋で待っててください」と追い返し(笑)、しばらくするとまた登場。この繰り返し。


 そして支度が出来ると、椅子に座りながらもう箸を握って食べ物を口に運んでいます。とにかくがっついておるのです。知らん人が見たら、まともに食事を与えてない老人虐待の家みたいではないか(笑)


 でも量を多く食べるわけではありません。ちなみに昨日はこのメニュー。

270528.jpg

※ちゃんぽん、すり身揚げとナゲット、助六寿司(今回はプレートではありませんでした)


 少し量が多かったのかちゃんぽんを半分近く残しました。ごちそうさまをしたあと嫁に「これは明日食べる」と言って寝てしまいました。


 さすがに麺類はひと晩おけませんが、嫁も「はいはい」と付き合って返事していました。


 そして今朝、また支度が出来る前から食卓へ行ったり来たり。嫁に「昨日のちゃんぽんを出してくれ」と言う親父。


 Σ(゚д゚lll) 色んな事をひと晩で消去する親父が、食べ物に関してはしっかりと覚えていました。


 おそるべき食への執着(笑)


posted by オレ at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

介護給付費のお知らせ


 こんにちは。オレです。


 本日、役所の介護保険課から通知が来ました。何だろうと思って見てみると、「介護給付費のお知らせ」という内容で、今年の1月〜3月に利用したサービスで介護保険の負担がいくら、利用者負担がいくらとかの明細でした。


 医療保険も社会保険事務所等からどの病院でいくら支払ったとか通知が来ますよね。あれの介護保険版みたいなものだと思います。


 まぁこれが結構な金額でして、毎月10万近くのお金が動いてました。もし介護保険という制度がない時代だったら全額自己負担・・・・考えただけでゾッとします。


 これだけの金額を賄う為に地方自治体も大変なんでしょうね。通知の別ページには今使っている介護サービスが自立支援に繋がっているか見直しましょうとの但し書きがありました。サービス受けずに自宅で介護しろ!が本音なんでしょうが(笑)


 そんな事を考えてこの通知を眺めていたのです。で、宛名を見ると親父の名前。そうだ、これは親父が受けている介護サービスの明細なのです。かと言って今の親父にこの通知を見せてもチンプンカンプンでしょう。それより自分が介護保険を利用しているとはまったく思っていないでしょうし(笑)


 親父が今いるのは、こんな現実とはかけ離れたステージなのです。今日も「○○へ出張へ行ってくる」と自宅から遠く200km程離れた地名を言ってました。最近は毎日全国を飛び回ってるらしいです。全部日帰りで(笑)


本日のじい様プレート

270527.jpg

※ナスと豚肉の塩炒め、シャケの味噌焼き、春雨とカニの中華サラダ、豆ごはんおにぎり


posted by オレ at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする