はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年06月06日

お腹ピーピーで修羅場でした


 こんにちは。オレです。


 ここ数日少しバタついていました。親父が体調を崩していたのです。体調不良と言っても別に病気をした怪我をしたという訳でもなく「お腹がピーピー」になっていました。


 普通の人なら、正露丸飲んで消化の良いものを食べて大人しくしておけば何の問題も無いのですが、排泄コントロールが衰えつつある親父にとっては「お腹ピーピー」は物凄く高い壁なのです。


 使用した後のトイレを見ると、まさに修羅場状態。お尻から足にかけてももの凄い事に。その度に風呂場に連れて行きシャワー全開で洗ってあげました。最初は柄付きスポンジで洗っていましたが、中々キレイに落ちません。気が付けばオレも素手でゴシゴシ。慣れとは恐ろしいものです(笑)


 それが終わると修羅場のトイレと格闘。終わる頃にはグッタリです。その繰り返しでバタバタしておりました。


 かかりつけの内科医に診てもらったところ、腸の消化機能が若干落ちているとの事。整腸剤を処方してもらい飲ませてなんとか落ち着きました。


 2日程お粥でしたのでプレートもお休みしていましたが本日から再開です。



本日のじい様プレート

270605.jpg

※カレイ煮付け、カボチャ&厚揚げ煮物、ぷるぷる水餃子


posted by オレ at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする