はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年06月19日

高齢者の買い物弱者は増えてます




 こんにちは。オレです。


 オレが住んでいるのは郊外の住宅地で公共交通機関もパラパラ。車がないと不自由な場所です。当然買い物は週末に車で大型スーパーで買いだめという家庭も多いみたいです。


 しかし住民の平均年齢もかなり高くなり車の運転が出来ない高齢者も増えてきています。このニュースでいうところの買い物弱者ですよね。


 毎日、移動販売の八百屋さんや灯油屋さんはきています。でもそれだけは事足りず、お年寄りが便数の少ないバスに乗って重い荷物を抱えて苦労しながら買い物に行ってるのが現状みたいです。


 うちの親父も年齢的に厳しくなり今は車に乗れません。(正確にいうと認知症の進行で運転は危ないので返上させたのですが)


 このニュースのように、地方でも大手小売店が移動販売をしてくれたらいいのにと思います。今でも家に居ながら買い物できるネットスーパーというシステムが存在するのですが、考えたら買い物弱者のメインであるお年寄りがネットを扱えるかどうかが疑問ですよね。


 それよりもサザエさんに出てくる三河屋さんのサブちゃんのように、御用聞きでの買い物代行業とかあればいいのですが・・・人件費等で費用対効果が望めないでしょうが(笑)


 介護ヘルパーが利用者の買い物を代行するというサービスもあるみたいです。しかし、時間的な制約や金銭を預かるという事等の問題があり中々難しいと聞きます。


 オレが安易に想像しただけですが、買い物代行業はやるべき人が考えてちゃんとやればビジネスとして成立するのではないでしょうか(笑)


 
posted by オレ at 15:38| Comment(0) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も元気にいってらっしゃい


 こんにちは。オレです。


 本日、朝から親父はベッドの上でダウン。別に具合が悪くてダウンしているのではありません。その恰好は下着の上からベストを履き(羽織りではありません)、ブルゾンを上下逆さまに袖を通した状態でした。


 多分、着替えようと頑張っていたのでしょう。でも着る順番も、上下も逆なのです・・・。ベストもブルゾンも強引に着ようとして腕や足に食い込んでました。長時間の格闘の末、力尽きてダウンしていたのです。


 お父さん!手伝うから着替えを続けましょう・・・・・・・・・・「はぁ!?」


 出た、いつもの「はぁ!?」が(笑)自分のダメダメなところを見られた気恥ずかしさからか「はぁ!?」はいつもの5割増し位のやさぐれ感。


 なんとか着替えさせて、朝飯を食わせて、薬を飲ませると一目散に玄関へ。


 デイサービスのお迎えを待つ為に座りこみます。


 ここで仕事や学校に出かけるオレの嫁と長男をお見送り。


 お父さん!お迎えはまだだから部屋に戻りましょう・・・・・「はぁ!?」


omukae.jpg


 あと30分はかかりますよ・・・・・・・「はぁ!?」


 といった毎日恒例のオレと親父のやりとり。すっかりルーチン化してます。


 デイサービスの車が到着するとそそくさと乗り込む親父。今日も元気にいってらっしゃ〜〜い!


posted by オレ at 09:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする