はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年06月22日

睡眠薬の効き目が・・・


 こんにちは。オレです。


 現在、親父が就寝前に飲んでいる睡眠導入剤。色々と変更しながら、ブロチゾラム錠という薬を半分にして服用するという形で落ち着いていました。約2週間程、それで様子を見ていたのですが、徐々に薬が切れて起きる時間が早くなっている模様です。


 ここ2日間位は、オレと嫁が確認してるだけでも朝の4時には部屋の電気が付いてゴソゴソと音が聞こえていました。


 そして今日、夕食を終えて9時前には薬を飲んでベッドの横になったのですが、30分ほど経つと電気が付いて物音がしてきました。


 見に行ってみると布団を片付けて、服を着替えはじめていました。


 お父さん、まだ夜の9時半ですよ・・・・・・「はぁ?」


 いつもの反抗期の男子のみたいにウザがる返事です。


 いやいや、時計を見てください。これから寝る時間ですよ・・・・「???」


 ここで親父、時計を見ればいいのに何故かカレンダーを凝視。「ああ、まだこんな時間だったのか」とひと言。


 オイオイ!本当に分かってるのか?(笑)とりあえずまたパジャマに着替えさせベッドに横になってもらいました。


 そして約1時間が経過。今のところは物音しません。果たして薬が効かなくなったのか?それとも効く前に動き出してしまったのかは不明です。


 明日、様子を見て主治医に相談したいと思います。


本日のじい様プレート

270622.jpg

※豚のタレ焼き、揚げ焼売、ポテトサラダ、きゅうりの酢の物


posted by オレ at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画に自分を投影


 こんにちは。オレです。


 若年性アルツハイマーを扱った「アリスのままで」という映画。主演の人がアカデミー賞主演女優賞を受賞した事からワイドショーで取り上げられていました。


 本日ネット上でそれに関する記事を見つけました。こちらです。


 映画に見る認知症。


 記事によると原作者の人が小説を書き終えて出版社に持ち込んだところ「こんなテーマじゃ売れない」と相手にされず、自らブログ等のネットを利用してアルツハイマー協会や専門家からのお墨付きをもらい自主出版。その後SNS等で話題になり、売上が上がり映画化までこぎつけたそうです。


 最初の「売れない」という出版社の判断。それこそが世間一般の認知症に対する意識の低さじゃないでしょうか。オレも今でこそ認知症患者の家族として、この手の話題には関心を持つようになっていますが、ほんの一年前まではまったく眼中になかったです。


 対岸の火事という諺がありますが、みんな当事者にならないと他人事で終わらせてしまい中々意識を高くできないものですよね。


 しかし、この映画のようにアルツハイマーや認知症と深く向き合う映画が脚光を浴びれば、社会的認知度も高くなっていくと思います。


 同じようなテーマの映画、渡辺謙の「明日の記憶」は公開時に観ました。その時のオレは主人公の苦しみばかりに目が向いていたような気がします。今なら介護する家族にも自分を投影させて観ることができるのではないかと感じております。


 そういや、2ヶ月程前に「ペコロスの母に会いに行く」をDVDで観たときは、息子さんのハゲ頭にオレの姿が映ってるのではないかという程感情移入したよなぁ(笑)

posted by オレ at 16:04| Comment(0) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父の日に親父と歓談


 こんにちは。オレです。


 本日、全国的に「父の日」。日頃言えないお父さんへの感謝の気持ちを表した人も多かったのではないでしょうか。親父の通所するデイサービス施設も父の日という事で、家族を招待しての懇談会が開催されました。


 親子でゆっくりと語り合ってくださいとの施設側の配慮で開催されたのですが、会場に着いたオレを見かけた親父「どうもご無沙汰しております」と深々とお辞儀をしました。


 これは親父特有の照れ隠しに違いないと思いましたが、どうも様子が変です。目が真剣なのです(笑)


 お父さん、オレが誰かわかります?・・・・・・・「あんたは▲▲さんやろうが」


 ▲▲さんとは親父が40年以上前に一緒に仕事をしていた部下の名前です。何故今その人の名前が登場したのかは不明ですが、オレを▲▲さんと完全に思い込んでいる様子。オレがいるはずのない施設に顔を出したので混乱したのかもしれません。


 施設のスタッフさんが「息子さんが来てくれて良かったですね」と声掛けしても「私の息子は遠くに住んでておらん!」と言い張ります。親父曰く「自分は今一人暮らしをしている」(笑)


 まぁ本人がそう言ってるのだから仕方ありません。幸い機嫌もいいのでオレは▲▲さんになりきり、しばらくお話に付き合いました。


 その後、スタッフさんが企画したレクレーションがありました。みんな笑顔で楽しんでいる中、親父はマイペースでしゃべり続けました。話の内容はどうやら仕事の事らしいです。そして話すだけ話すと「そういう事だからよろしくハハハハ」と勝手に自己完結。元々協調性はない方でしたが、認知症になって拍車がかかっている模様です。


 そんな自分勝手な親父ですが、スタッフさんからの「お父さんの笑顔は周りを癒してくれるんですよ」との言葉になんとか救われました(笑)


 そして夕方、帰宅してきた親父に聞いてみました。

 今日の昼、オレと会ったの覚えてる?・・・・・・「知らん」

 オレが誰か分かるか?・・・・・・・「あんた」

 家でもマイペースです(笑)


 
本日のじい様プレート

270621.jpg

※手まり寿司、チーズinピザ、ポテトサラダ、魚のすり身揚げ



 (おまけ)
 夕食後、息子がゴソゴソと紙袋をオレに渡しました。開けてみると冷酒のグラスセット。父親らしい事出来てないのにちゃんと父の日のプレゼントをくれた息子。じいさんがショートステイで泊まりの時に二人でゆっくり飲みたいと思います。



posted by オレ at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする