はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年08月16日

またポロシャツ履いちゃいました


 こんにちは。オレです。


 うちのお父ちゃん、毎日の生活パターンがガッチリと決まっていまして、何かのトラブルでその順序が狂ったりすると混乱してパニック状態になります。


 その為、オレも嫁も極力、自宅での親父の生活パターンを崩さないように気をつけているのです。


 夕方、デイサービスから家に帰ってきたら、まずは風呂。そして風呂に入っている間にベットの準備、パジャマの準備をして横になれる状態を整えておきます。風呂から上がると、順番通りに下着、パジャマを身に付けて夕食まではベッドの上でゴロゴロ。夕食が済むと8時〜8時半位には就寝。


 とにかくこの順序をキープしてあげないと、夜中に起き出して外に出ようとしたり、ひどい時には家族に反抗して言う事を聞かなくなったりという混乱パターンに陥ってしまう恐れがあります。


 そんなオレらの気持ちを知ってか知らずか(多分分かってないと思いますがw)、時々自分からパターンを崩す場合があるのです。その際は修正しようとして注意したりしても無駄。聞く耳持たずで、こちらがイライラしてしまう結果になりがちです。だからなるべく放置するようにしています。


 さてさて、本日デイサービスから帰った親父は、まさにその自らパターンを崩す状態でした。


 家に入るやいなや、風呂に入る為に上着、靴下、ズボンを脱いだまではいつもの親父でしたが、そこからベッドに横になったり、ソファーに横になったりのくり返し。


 ちょっと疲れて横になりたいのかな?と、入浴を無理強いせずに放置してました。すると何を思ったのか、先程脱いだばかりの靴下をもう一度履き、更にこれも脱いだばかりのポロシャツも・・・履いたのです


 ここで声をかけて更に混乱してはいかんと放置を続行。すると上手に履けないポロシャツ(当たり前ですがw)を強引にぐいっと上まで力任せに・・・。


poroshut.jpg

こんな感じの食い込み状態



 オレは笑いをこらえながら親父に「どこかへ出かけるのですか?」と質問してみました。


 すると「食事の約束をしているので出かける」との返事。事務所の奥さん(多分デイサービスのスタッフ)から食事に誘われたので出かけると言っております。


 いやいやお父さん。あなたそんな格好で出かけたら、事務所の奥さん(?)も恥ずかしくて一緒に食事をしてくれませんよと言っても親父はしらん顔。


 出た!!得意の聞く耳持たず!!


 それから約30分。すぐ脱げそうになるポロシャツを何度も上に上げながら、家の中をウロウロ。嫁がチャンスを見て「シャツが伸びるから脱ごうね」と脱がせると、そのまま風呂場へ行って入浴開始。


 気が付くとさっきまで晴れていた外は雨が降っていました。あ〜〜そうか!気圧の関係か雨の日は混乱するパターンが多かったんだ。最近忘れていた親父の生態(?)を思い出したオレでした。


本日のじい様プレート

270816.jpg

※さんまの甘露煮、大根&厚揚げの煮物、ピリ辛明太子スパサラ


posted by オレ at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする