はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年10月13日

テレビの事


 こんにちは。オレです。


 親父が仕事を定年退職してから約20年。たまに旅行に出かけたりする事はあっても、一日中自宅でテレビを観て過ごしていました。ケーブルテレビの番組表を一か月分チェックして、観たい番組にラインマーカーを引くようにまめな事もやっており「趣味=テレビ鑑賞」を地でいくような人でした。


 それが今ではすっかりテレビにも興味が失せています。リモコンの使い方も分からなくなったみたいで、チャンネルを変えたりどころか電源のオン/オフもできません。


 それでも部屋にいる時は退屈だろうからと、つけてやっても、あっちをウロウロ、こっちをウロウロと観ているのか観ていないのかよく分からない感じです。


 たま〜に、集中している時があります。サッカー等のスポーツ中継の時です。昨日も海外サッカーが放送されていましたので大人しく観戦しているみたいでした。しばらくしてオレらのところにやって来て「面白いもんなぁ。ソ連が強いから」と嬉しそうな口調。


 ソ連?これはまた懐かしい響き。高齢者は未だにロシアをソ連と呼ぶ人が多いです。ロシアのプレミアリーグの中継でも観てたのでしょうか。親父の部屋のテレビをチェックするとサッカー中継はとっくに終わり、画面に映ってるのはメジャーリーグの試合。


 ・・・やはり内容はまったく理解していないようです。



昨日のじい様プレート

↓↓↓









posted by オレ at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする