はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年10月26日

坐骨神経痛になってしまった


 こんにちは。オレです。


 数日前から体が痛いです。左のおしりから足にかけて痺れたような感じで、ちょっと腰を曲げると「アイタタタタタ!」となってしまいます。親父は相変わらず、あっちが痛い、こっちが痛いと言っており、親子そろって「アイタタタ」状態です。


 昨晩の入浴介助、今朝の着替えの介助の際にも激痛が。体を痛めて分かったのですが、結構毎日腰に負担がかかる作業をしているのですね。


 こりゃいかんと、整骨院へ行ってきました。症状を先生に話すと「坐骨神経痛でしょう」との事。


 長時間、固い床の上に座って、パソコン作業をしているのが原因だと思います。夜寝る時も、キッチンの床の上ってのも良くないのでしょう。でもキッチン以外で親父を監視できる場所ないし・・・。


 とりあえず整骨院で電気治療と股関節のストレッチをしてもらったら、少し楽になりました。


 うーん、神経痛かぁ・・・。知らず知らずオレもじじぃの道まっしぐらみたいです。仕方ないなぁ。もうすぐ50だもんな。



昨日のじい様プレート

↓↓↓








posted by オレ at 14:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする