はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年11月04日

浄水器を買いました


 こんにちは。オレです。


 家から約1時間半程車で走った所に「日本の名水100選」に選ばれている湧水の場所があります。親父が認知症になる前は、ポリタンクを10個程車に積み、そこに水汲みに行ってました。飲料水や調理にはその水を使っていました。月に2回の水汲みは、親父が仕事を定年していから20年以上続けた日課でした。


 この一年は、それが出来なくなった為、近所のスーパーが提供するミネラルウォーターをオレが汲みに行っています。1回につき、1.5Lのボトル2本までというルールがあるので、2日で使い切ってしまいます。という事はオレは2日に1回は、その水汲みに行かなくてはいけないのです。


 で、スーパーに行けば何かと買い物をしてしまう。まぁそれが水を提供しているスーパーの戦略なのでしょうが、この水汲みが結構オレ的にはストレスになっていました。時間は取られる、無駄な買い物をしてしまう(笑)等々。


 浄水器を付ければ解決する事なのですが「何万円もする」「工事が必要」等のイメージから中々踏み切れずにいたのです。しかし、今の浄水器って値段もピンキリで、取り付け簡単なものもあるんですね。


 色々調べて、結局、水道水を入れて浄水するポットタイプのものをネットで買いました。その額2300円。さすがアマゾン、翌日にはしっかりと配送。ようやくこれで水汲みから解放されたのです。


 この1年、2日に1回行っていたので約170日。1回に20分とすると3400分3400分=56時間=2日半。1年のうちの2日半を費やしていた作業から、2300円で解放されるとは(笑)毎日の暮らしの中で案外こんな事多いんですよね。



昨日のじい様プレート

↓↓↓






posted by オレ at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする