はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年11月05日

今朝の風景


 こんにちは。オレです。


 最近、親父の目覚めがイマイチです。朝晩大分冷え込むようになってきて、布団から出たくないというのもあるでしょう。さすがに朝の7時半近くになると声かけをして起こすようにしています。


 ベッドから起こして、紙パンツを穿き替えさせ、上着とズボンを着ている間に布団を畳みます。しかしひとりで着替えをしてちゃんと最後まで出来る確率は約3割。残りの7割はヘンテコで手直しが必要です。


 一番多いのがシャツを足に穿いて、ズボンを頭からかぶり、ニッチもサッチも行かなくなり「う〜〜〜〜」と唸る状態。ちゃんとズボンを穿いても後ろ前だったり、シャツも裏表だったりというのもほぼ恒例な状態です。


 今朝は珍しく、シャツはちゃんと着ていましたが、下半身はなぜか枕カバーを外して腰の周りに巻いていました。手直しをして、次は洗面所へ。電気を点けて、水道の蛇口を捻ってやると自分で顔を洗い出します。洗顔が終わると歯磨きです。歯ブラシに歯磨き粉を付けて手渡すと、何故かおでこをゴシゴシと磨き始める親父。ちゃんと口に持っていってやらないと、歯ブラシだという事が認識できないようです。


 こんな感じで目は離せませんが、計算じゃない笑いを提供して、朝から家の中を和ませてくれる親父なのでした。



昨日のじい様プレート

↓↓↓





posted by オレ at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする