はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年11月17日

雨の日に限って、何だかなぁ。


 こんにちは。オレです。


 本日、生憎の雨。こんな日に限って親父はやってくれます。明け方の大量失禁です。廊下もトイレの床もビシャビシャ。もちろん親父のパジャマもビシャビシャ。紙パンツは許容量を越えて膨れ上がりズッシリとした重さです。


 一番困るのが布団。シーツの下のおねしょ用シートを挟んでいるのですが、何故かそこを避けて大きな世界地図(死語)。多分寝相が悪く、おねしょ用シートを蹴飛ばしてはがしたみたいです。外に干すことも出来ず、部屋の中に掛けて扇風機を当ててます。乾いたところでファブリーズするしかありませぬ。


 下半身が汚れた親父をシャワーに連れていって洗おうとしましたが、激しく拒否。そのやりとりを10分以上続け、ラチが明かないので諦めて濡れタオルでゴシゴシ。これだけでグッタリと疲れました(´Д`)ハァ…


 そういう訳で、これから大量の洗濯物を抱えてコインランドリーへ乾燥機をかけにいってきます。今日は多いだろうなぁ。阿藤快氏を偲んで「何だかなぁ」です。



昨日のじい様プレート

↓↓↓





posted by オレ at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする