はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2016年02月03日

JR東海認知症事故訴訟




 こんにちは。オレです。


 これは他人事ではありません。親父が認知症になり一番最初にオレが危惧したのが車の運転で事故を起こす事でした。そこで運転免許証を返納させ、車のキーを隠して、運転行為を諦めさせ(本人は免許証返納した意識ない為)、約2ヶ月程苦労しました。


 それで交通事故の加害者になる心配はなくなったのですが、脱走・徘徊で事故に巻き込まる心配はずっと絶えません。昨年末にデイサービス施設から行方不明になった時も、道に迷う心配より、交通事故にあってないか、川に落ちてはいなかという心配が大きかったです。


 この事故のように、たとえ被害者でも、損害賠償を負わなければいけないとなると、本当に介護者の精神的プレッシャーは半端じゃなくなりますよね。企業側が損害を被ったのも確かに気の毒ですが、第一審の「目を離さず見守ることを怠った」という介護者の責任を認定って、あまりにも冷たすぎやしないかと思います。


 足腰が元気でチョロチョロ動き回る高齢者を常に見守る苦労がどれ程のものか。はっきり言って介護者は自分の時間を全部犠牲にしないと無理ですよ。介護される方が人間なら、介護している方も人間なのです。24時間気が張り詰めた生活をやってみろってんだ(怒怒怒怒)


 3月1日の判決には是非『大岡裁き』を期待したいです。


posted by オレ at 09:29| Comment(4) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

行く宛てのない夕方のドライブ


 こんにちは。オレです。


 昨日、久しぶりに親父の夕方の混乱がありました。定時にデイサービスから帰宅。その時点ですでに顔つきがいつもと違い、オレに対しても「こんばんは」と頭を下げます。完全によそ行きバージョンです。


 玄関に一旦入り、クルっと向きを変えて「お邪魔しました。さようなら」のご挨拶。


 オレ:お父さん、お父さん。どこに行くのですか?

 親父:これから家に帰ります。

 オレ:ここが家ですよ。

 親父:いや、うちはあの山の向こうをグルッと回って●※×▲・・・(聞き取れず)


 これまで何度もあったのです。いつものように車でグルっと一周したら我に返るだろうと、出発進行です。


 オレ:行先が分からないので道案内してください。

 親父:はい、わかりました。


 うす暗くなってきた夕方のラッシュ時。家路を急ぐ車を横目に親父を乗せて、行先不明なドライブ。なんだかなぁ(笑)


 「ここを真っすぐ」「次を右」「次を左」と後部座席の親父の指示通りに運転です。1時間経った頃、案の定頭を抱え出した親父。自分の言ってる事の辻褄が合わなくなってきたようです。もういいだろうと思い、適当なところでUターンして帰宅。


 家の駐車場に停めて、後部座席のドアを開けても親父は降りようとしません。あれれ?いつもだったらもう満足して帰宅モードに入るはずなのに・・・。


 オレ:お父さん、家に着きましたよ。降りてください。

 親父:ここは僕の家ではありません。帰りますので、さようなら。


 仕方なく、また車を出して、そこから更に30分間ウロウロ。またもや頭を抱えだした親父に「もういい加減帰りましょう」と半ば懇願するオレ。またUターンして家へ。イマイチ納得いかない様子の親父を車から降ろし、玄関の表札を見せます。


 オレ:ほら、ここに書いてある名前は誰ですか?

 親父:僕の名前が書いてあります。

 オレ:それじゃここはあなたの家ですよね。

 親父:●※×○□▲・・・(都合が悪くなった時の宇宙語)


 結局、最初に出発してから1時間半、目的地のないドライブでした。家に入った親父は、さすがに気まずいと思ったのか、比較的素直に風呂に入り食事を終えて就寝。道案内ご苦労様でした。



昨日のじい様プレート

↓↓↓






posted by オレ at 17:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

眠剤変更観察日記 ラスト


 こんにちは。オレです。


 ここ約10日程、親父の睡眠導入剤観察記録を付けてきました。眠剤変更後、医師から言われたのが「1週間〜10日様子を見て、そのトータルで判断しましょう」との事でした。


 という事で、今回は連続しての最後の観察記録です。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 19:40 夕食終了。その場で服用。

 19:45 食卓を立ちトイレへ。立ったまま用を足そうとする。
     注意すると「代わりにあんたがやれ」と謎の言葉を残しベッドへ。

 21:50 再びトイレへ立つ。
        |
        |
        |
     そこから熟睡。
        |
        |
        |
     ひたすら爆睡。
        |
        |
 07:30 声掛けして起床。体が痛いと泣き言を言う。
     それでも朝食はガッツリ。食べるだけ食べて覚醒。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 結局、この日も入眠・目覚めともにこれといって問題なしのつまんない(笑)内容でした。約10日間の観察の結果、問題があった日は2回だけ。

 ひとり言を言いながら震え出した日

 夜明け前に覚醒して荷造りをした日


 あとは、ほぼほぼ問題無し。以前の薬で問題だった寝起きのふらつきはかなり改善されたのではないかと思います。


 毎日、このブログに記した内容と同じものを、デイケアの連絡帳に書いたところ、看護師さんから「時系列でまとめて書いてあり、分かりやすく助かりました」と言われました。


 オレ自身も、こうしてブログに残すことで頭の中が整理されました。毎日、微々たる事で記録に残すまでもないと思いつつも、時間が経つとすっかり忘れてしまうもんですね。これからも、簡単な事でもメモ代わりとしてなるべく記録しておこうと思います。見ている人からすればつまんない内容になるかもしれませんが(笑)


昨日のじい様プレート

↓↓↓




posted by オレ at 17:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする