はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2016年02月03日

JR東海認知症事故訴訟




 こんにちは。オレです。


 これは他人事ではありません。親父が認知症になり一番最初にオレが危惧したのが車の運転で事故を起こす事でした。そこで運転免許証を返納させ、車のキーを隠して、運転行為を諦めさせ(本人は免許証返納した意識ない為)、約2ヶ月程苦労しました。


 それで交通事故の加害者になる心配はなくなったのですが、脱走・徘徊で事故に巻き込まる心配はずっと絶えません。昨年末にデイサービス施設から行方不明になった時も、道に迷う心配より、交通事故にあってないか、川に落ちてはいなかという心配が大きかったです。


 この事故のように、たとえ被害者でも、損害賠償を負わなければいけないとなると、本当に介護者の精神的プレッシャーは半端じゃなくなりますよね。企業側が損害を被ったのも確かに気の毒ですが、第一審の「目を離さず見守ることを怠った」という介護者の責任を認定って、あまりにも冷たすぎやしないかと思います。


 足腰が元気でチョロチョロ動き回る高齢者を常に見守る苦労がどれ程のものか。はっきり言って介護者は自分の時間を全部犠牲にしないと無理ですよ。介護される方が人間なら、介護している方も人間なのです。24時間気が張り詰めた生活をやってみろってんだ(怒怒怒怒)


 3月1日の判決には是非『大岡裁き』を期待したいです。


posted by オレ at 09:29| Comment(4) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする