はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2016年03月28日

70年前の記憶


 こんにちは。オレです。


 ここのところ、親父は、これといって変わったところもなく、小康状態が続いています。夜8時頃には就寝し、朝7時頃起床の『早寝・遅起き』の11時間睡眠。一般的に年を取ると睡眠時間が短くなると言われますが、年寄りも峠を越えると(笑)、子供返りで、睡眠時間は長くなるみたいですね。


 ただ、夜中に数回トイレに起きるのは相変わらずです。オレらとしては、夜用の紙パンツを穿いているのだから、そのままそこにやってくれたほうがいいのですが、絶対に起きてトイレに行くのです。


 そのトイレに立つ時の5回に1回は、玄関から外に出ようとします。本人に「どこに行くの?」と聞くと「トイレ」と答えます。


 すっとこれが謎でした。せん妄症状が酷い時、自宅にいる事が分からなくなり、「お世話になりました」と荷物をまとめて外に出ようとする事はありました。しかし今の「トイレに行く」と言っている親父には、ちゃんと自宅にいるという感覚はあるみたいなのです。徘徊で外に出ようとしてるのではないのです。



 数日前、親父が通うデイケアで、利用者家族の意見交換会がありました。オレは用事で行けなかったのですが、出席した嫁が、この親父の行動について話しました。すると、他の利用者家族の人から「もしかして、昔、外にトイレがある家に住んでいたのではないですか?」と尋ねられたそうです。


 帰宅した嫁からその事を聞いて、オレはピンと来ました。昔の田舎の家って風呂やトイレが外にありましたよね。親父が生まれ育った家も確かそうだったはず。


 でも、親父は旧制中学に上がる頃から、親元を離れて暮らしていたと聞いてますから、その田舎の家で過ごしたのは、多分15、6歳くらいまでだと思います。となると、70年くらい前の記憶が甦っているのでしょうか。


 物心ついてから、色んな事を吸収する成長期の事なので、体に染みついているのかもしれませんね。これもまた、睡眠時間が長くなっているのと同じで子供返りなのかなぁ。



昨日のじい様プレート

↓↓↓







posted by オレ at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

徐々に暖かくなってきました


 こんにちは。オレです。


 日に日に暖かくなってきましたが、時々「寒っ!」っと感じてしまう時も。まさに『三寒四温』です。この冬の灯油を全部使い切りたいのに、もう一回買うべきかどうか迷っているオレです。


 ともあれ、極端に冷える事は無くなったので、認知症の年寄りを抱える身としては助かっています。


 寒い時には、風邪を引かせちゃいかんと、部屋を暖め、着替えの時も手を貸して迅速にと気を使ってしまいます。でも、ご本人のご機嫌がイマイチだったり、目に見えない何かが見えてる時は中々言う事をきかずにひと苦労・ふた苦労な作業なのです。


 この冬もワガママが出た親父に、数回首を絞められ、噛みつかれました(笑)


 でも、暖かくなれば、着替えの時に言う事聞いてくれなくても、本人の機嫌がなおるまで放置しておけばいいのです。まぁ、いくら親父でもプンスカ、プンスカ怒りながら裸のままではいられません。少し冷静になれば自分でモソモソと服を着出します(服の前後・裏表逆の場合多々ですが)


 そういう事で、春になればオレの作業負担も少しは減るのです。まぁ、どんどん気温が上がって夏になれば、今度は熱中症の心配も出てきますが(笑)年中春だったらいいのにね。


 常春の国、『マリネラ王国』byパタリロ(古っ)



昨日のじい様プレート

↓↓↓




posted by オレ at 09:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

バイバイ、ビッグ・スクーター


 こんにちは。オレです。


 このブログにも時々登場していた、オレの愛車のビッグ・スクーターを手放しました。あちこちと一人ツーリングを楽しもうと思い2年前に購入。その3ヶ月に親父の介護の為に離職。ツーリングどころではない生活に突入。


 「いつかは時間を作って…」と思いながら、庭の片隅に眠らせていましたが、毎月支払う任意保険代等が結構馬鹿にならず、その前に走らせてやれないバイク自体が可哀相に感じ、断腸の思いで手放す事に。


 行きつけのバイク屋さんで下取りしてもらい、ふた回り程小さな125ccのスクーターに買い替えました。


 街中の足で使うにはこれで充分だし、排気量の割りに原チャリ並のボディなので、スタートダッシュはすげーかっ飛びます(笑)気軽に「あらよっ!」と乗れるようになったので、日常の足としてガンガン活躍してくれるでしょう。


 自分でも結構な決断をしたつもりだったのですが、いざ買い替えてみると、悲壮感等は全く無く、スッキリした気持ちになっています。


 ビッグ・スクーターは、このまま『宝の持ち腐れ』で眠らせておくのは可哀相だったし、新しいオーナーさんが思い切り走らせてくれるでしょう。


 『身の丈に合った生活」といったら大袈裟ですが、無駄を失くして、身の回りをシンプルにしていくのは気持ちがいいものです。



本日のじい様プレート

↓↓↓




posted by オレ at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする