はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2016年06月21日

「両親を離婚させるしか…」介護費倍増、揺らぐ中流

「両親を離婚させるしか…」介護費倍増、揺らぐ中流

 両親に離婚してもらうしかないのかも知れない――。東京都内の男性会社員(44)は、こんなことを真剣に考えている。

続きを読む



 介護保険制度の改正で、経済的負担が増えた為、両親を離婚させるしか方法がない…かなりショッキングな内容の記事です。


 この両親の年金収入額は月に28万円。夫婦二人健康ならば、普通に暮らせる金額です。いや、むしろ多くの高齢者に比べれば恵まれた生活が送れるだけの収入だと思います。それが子供から仕送りをしてもらっても足りないという現実。


 昨年夏の介護保険制度の改正。幸いな事にうちの親父は、利用度の低さもあってか、それ程負担額が増加するという事もありませんでした。でも、いつ厳しい現実を突きつけられるか分かりません。これは親父世代よりむしろ、これから年をとる我々に深くのしかかってくる問題ですよね。


 財政が厳しいのは分かります。しかしそれを解決する為の消費税アップだったはずなのに…景気の先行きというより、支持率アップの為の増税先送りだと言われてますよね。結果、足りない財政分を社会的弱者に負担させている現実を何とかしてほしいと思います。

posted by オレ at 23:34| Comment(0) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2日間、死んでました


 こんにちは。オレです。


 ちょっと、体調不良で寝込んでました。土曜の夜、寝ている途中に吐き気が…。そこから胃がキリキリと痛み眠れず、翌朝になっても様子が変わりません。日曜だったので、一日様子を見ていましたが、体の節々が痛く丸一日ゴロゴロしたまま夜に。


 ここ数年、病気になった事のないオレ。そうえば最近は謎の動悸に襲われる事も…「何か変な病気になったんじゃないだろうか」と熱を計ると38.0℃…オレにすれば高熱です。「うわー!明日一番で病院に行こ!」と8時には就寝。


 そして月曜の朝、妙にスッキリした気分で目覚め、体温を測ると36.5℃…ド平熱です。そしてやけにお腹がグルグル…そういえば丸2日、まともに何も食べてない。嫁が用意したおかゆを食べると、これがまた美味いこと、美味いこと!


 ペロリと完食して、体を動かすと、あちこち痛かった節々もスムーズに稼働します。これで病院行ったら「何しに来たの?」的な目で見られるかもしれません(笑)多分、風邪だったんでしょうね。夏風邪はお腹に来るといいますから。


 それにしても、体調ボロボロだった2日間も親父の介護は待ってはくれませんでした。頭がボーっとしてフラフラになりながらもトイレや入浴の介助・着替えの手伝い。夜中に物音がすれば、這うように物音の方へ向かっての監視業務。


 やはり介護する側は常に健康が一番です。そこで手を抜いたら、必ず先でしっぺ返しがありますから。とにかく何事もなく復活できて良かったです。




posted by オレ at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

認知症患者と取引、みずほ証券に賠償命じる

認知症患者と取引、みずほ証券に賠償命じる

認知症にもかかわらずリスクの高い金融商品を購入させられ、損害を受けたとして、東京都内の女性(85)がみずほ証券(東京)などに計約4340万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は17日、みずほ証券に約3038万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

続きを読む


 このみずほ証券の担当者は、女性が認知症だという事を知っていたのでしょうか?多分、知らなかったのだと思います。知っていれば、後々のトラブルを考えて取引をしないはず。


 女性の認知症がどこまで進んでいるのかは分かりませんが、身近な人間以外だとその人が認知症である事を気付かないパターンって多いものです。うちの親父の場合もそうですが、結構進んでしまっている今でも、外の人と話す時に口調がしっかりしていると、認知症の重度が分からないのです。


 今でもご近所さんと挨拶程度の会話を交わしています。そこで辻褄の合わない話、例えば、かなり昔に死んだ親戚が昨日訪ねてきた等の事を言っても、知らないご近所さんは、当たり前のように捉えてしまいます。「お父さん、しっかりとしてらっしゃいますよね」と言われますが、まさか、パンツの後前も分からずに穿けないおじいさんだとは思ってもいないでしょう(笑)


 こんな感じで、仮に何かのセールスの人が来ても、親父はそれなりに対応するかと思います。何せ、相手の言う事が分からなくても「はい」「分かりました」が口癖ですから。


 それにしてもこの女性。2008年時点で認知症を発症していたとなると、すでに10年近く前です。ご存命なら相当症状が進んでいると思います。当然、訴えたのは代理人の人ですよね。まさかご本人って事は…ないですよね。

 
posted by オレ at 17:01| Comment(0) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする