はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2016年06月14日

今日からまたキッチンで寝ます


 今日は朝から親父の大暴れの片付けで疲れました。夕方には大量の洗濯物を取り込んで畳むのにまたひと苦労。梅雨の晴れ間だったのが不幸中の幸いでした。これで雨だったらと思うと…ぞっとします。


 ため息ばかり出てきます(笑)今、家の1階で寝てるのは親父がひとり。あとの家族は2階で寝ています。この1週間で夜中に大暴れしたのが2回。これを阻止するためにどうするべきか……今日からしばらくまたオレがキッチンで寝るハメになりそうです


 体バキバキ必至だなぁ( ノД`) いやいや、このままでは、また早朝から掃除洗濯に追われる事になってしまいます。頑張れ、オレ!


posted by オレ at 17:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親父、またまた大暴れする


 こんにちは。オレです。


 この間、親父の『夜中にゴソゴソ、パンツの中にパンを隠した事件』を書きました。さすがに自分でもマズいことをやったと反省したのか、翌日には元気が無かったです。しかし、あれから1週間、またやってくれました。


 昨夜、1時か2時頃。ゴトゴトと聞こえてくる物音。ちょうど家の外を車が走っている音と重なり、おまけにオレは疲れていて体が動かず。「気のせいだろう」と思いこんでそのまま朝へ。


 6時前、嫁から起こされてキッチンに行ってみると、棚においていた『柿ピー』のお徳用パックがほとんど無くなっていました。ゴミ箱にはその残骸がわんさか。おまけに風呂場・洗面所の電気も全部点いたままで床には親父の服・下着が散乱。当の親父本人は全裸でグースカと大いびき。


 えええええっ!?なんじゃこりゃ!


 とりあえず、嫁が散乱した服やゴミを片付けて、オレが親父を起こして服を着させました。寝ていた布団をよく見ると親父のウ○チがベットリ…。どうやら、夜中に大便をして、おしりをちゃんと拭かずにパンツも穿かず、そのまま寝たようです。


 もうため息しか出ません…しかし、このままでいかんと洗濯機をフル回転。脱ぎ捨てていた服、汚れたシーツ、枕カバー、床に敷いていたマット等々をドンドン洗濯。家の物干しには干しきれない程の量。まるで部活の夏合宿。


 親父に「柿ピー食べたやろ?」と尋ねると「ひとつだけ食べた」と数を大幅にサバ読んでの申告。食べた事自体は覚えているようです。「なんで、こんなに散らかした?」と訊くと「知らん」の一点張り。「○×※(聞き取り不明)が来て散らかした」とこれは冤罪を主張。


 「どこかの知事ではあるまいし、潔く罪を認めやがれ!」と言いたい気持ちをグッをこらえての片付け…疲れました。


 本人は覚えていないし、言っても無駄だと分かっていても、これだけやられると堪えます。さらに、着替えさせる途中も抵抗されると、こちらもカッとなって声を荒げたくなるってもんです。


 デイサービスへ送り出した後、ダウン。しばらく休んだらストレス発散しようっと。

posted by オレ at 12:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする