はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2016年06月18日

認知症患者と取引、みずほ証券に賠償命じる

認知症患者と取引、みずほ証券に賠償命じる

認知症にもかかわらずリスクの高い金融商品を購入させられ、損害を受けたとして、東京都内の女性(85)がみずほ証券(東京)などに計約4340万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は17日、みずほ証券に約3038万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

続きを読む


 このみずほ証券の担当者は、女性が認知症だという事を知っていたのでしょうか?多分、知らなかったのだと思います。知っていれば、後々のトラブルを考えて取引をしないはず。


 女性の認知症がどこまで進んでいるのかは分かりませんが、身近な人間以外だとその人が認知症である事を気付かないパターンって多いものです。うちの親父の場合もそうですが、結構進んでしまっている今でも、外の人と話す時に口調がしっかりしていると、認知症の重度が分からないのです。


 今でもご近所さんと挨拶程度の会話を交わしています。そこで辻褄の合わない話、例えば、かなり昔に死んだ親戚が昨日訪ねてきた等の事を言っても、知らないご近所さんは、当たり前のように捉えてしまいます。「お父さん、しっかりとしてらっしゃいますよね」と言われますが、まさか、パンツの後前も分からずに穿けないおじいさんだとは思ってもいないでしょう(笑)


 こんな感じで、仮に何かのセールスの人が来ても、親父はそれなりに対応するかと思います。何せ、相手の言う事が分からなくても「はい」「分かりました」が口癖ですから。


 それにしてもこの女性。2008年時点で認知症を発症していたとなると、すでに10年近く前です。ご存命なら相当症状が進んでいると思います。当然、訴えたのは代理人の人ですよね。まさかご本人って事は…ないですよね。

 
posted by オレ at 17:01| Comment(0) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする