はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2016年09月25日

やられた。。。


 こんにちは。オレです。


 親父は相変わらず落ち着きがありません。寝てる時と食べている時以外は5分としてじっとしていられません


 今も隣の部屋でゴソゴソ動いています。そしてジョキジョキという何やら嫌な音が…


 やられました…


 親父の愛用しているパジャマがこんな姿に…


パジャマ上.jpg



 更にズボンもこんな風に…

パジャマ下.jpg


 ハサミを持ってウロウロしているなとは思っていたのですが、まさか愛用のパジャマに手を加えるとは。


 なぜこんな事をしたのか本人に訊いても、返ってくる答えは宇宙語のように意味不明な言葉のみ。「●▲☓…※♯■…」自分のやった事とは思ってないようです。


 元々、自分のバッグやスリッパをビニール紐で括るのが好きだったので、頭の体操だと思って、ハサミを持たせていました。


bag1.jpg

DSC_0840.JPG

※これらが過去の作品です。



 オレがハサミを隠したのは言うまでもありません。しかし、いつもの場所にハサミが無いっていうのは不便なものです。体が憶えているから、いざという時にリズムが狂っちゃうんですよね。段々、親父以外の住人には住みにくい家になりつつあります(笑)


posted by オレ at 10:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする