はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年01月10日

気持ちが揺らぎます


 こんにちは。オレです。


 親父は順調に回復しています。入院当初に言われた予定日数は3週間。このまま行くと予定通りに退院できそうです。


 しかし気がかりなのは今後の生活。嚥下リハビリでどこまで食事を戻せる事が出来るか。普通食が無理となった場合、現在利用している通所施設が対応出来ないかもしれません。


 更に、寝たきりで足腰も相当弱っているはず。こちらもリハビリをしていますが、何せ本人に『リハビリ』という意識は皆無。分けわからず、ただ歩かされ、「歩こう」という意思も無くなってしまっているのかもしれません。


 自立歩行が出来ないとなると、オレも自宅で介護する自信がありません。痩せたと言っても、親父をヨイショっと持ち上げるのは至難の業。去年からずっと腰を痛めているオレ。そのまま共倒れで親子共冷たくなって発見される可能性も… アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ


 現在、親父は介護施設への入所待機の状態です。順調に行けば春先には入所になるはずですが、あくまでも予定は予定。それでも親父の介護生活に入って2年半。残り数ヶ月頑張って、全うしたい気持ちもあります。あっちこちとオレの気持ちも揺らいでいます。


 入院している地域連携課を訪ね、これまでの自宅での介護生活状況。今後の色々な可能性を含めて相談してみました。担当の方は医師からの指示も含め、長期入院の受け入れ可能な病院を探してみましょうとの事。


 その後、病室へ親父の様子を見に行くと、ちょうど点滴が終わったところで、看護師さんにチューブを外されていました。なぜかそのチューブをしっかりと握って離さない親父。病気して、食事もまともに取っていないのに凄い力です。看護師さんと二人がかりでなんとかチューブを奪取。


 食事の方もかなり固めになって、引っ掛ける事なく順調に摂取しているらしいです。歩行リハビリも、数日前に比べるとしっかりとした足取りになってきたとか。ベッドの中でモゴモゴと動き回り、拘束が無いと立ち上がる恐れもある程元気だそうです。


 恐るべき生命力(笑)案外、ガッツリと回復して、以前と変わらない生活に戻るのかもしれませんね。


posted by オレ at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

状態は落ち着いて来ました


 こんにちは。オレです。


 昨日、見舞いに行くと親父はナースステーションの中でチョコンと車椅子に座らされていました。ずっと寝たきりだと良くないだろうという看護師さんの配慮です。みなさんが黙々と仕事をされている中で、ボーっと一点を見つめて座っていました。


 「お父さん、お父さん」と声をかけると、オレのように顔を向けて無表情で頭を下げる親父。「誰か分かります?」「さぁ、どなたでしたっけ?」とか細い声で返事。いつも通りの答えです(笑)ここ数ヶ月、オレの存在が誰なのか分かっていませんので。その前日はまったく返事をせず無反応でしたが、昨日は調子が良かったのでしょう。


 体を起こしているせいか、顔色もいいみたいです。午前中には看護師さんに付き添われて外に散歩に出たとの事。入院当初は、オムツ交換等にかなりの抵抗を見せていましたが、ここ数日は穏やかになったそうです。口からの食べ物摂取リハビリと精神安定剤の服用を開始した為でしょう。


 談話室でしばしの会話。親父に色々と質問をしてみますが、自分の名前以外は支離滅裂な答え。年齢は60歳で25歳のサバ読み(笑)家族構成も家の住所も「忘れた」との事。まぁ、反応があるだけ良しとしましょう。


 看護師さんによると、発熱もせず、咳き込みも無く、肺炎から順調に回復に向かっているらしいです。後は食事をどこまで普通食に近づける事が出来るかと、落ちた体力をどこまで戻せるかです。


posted by オレ at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

親父がいないとスカスカ


 こんにちは。オレです。


 年末年始中に何かと気になるのが『ゴミ』。年末の大掃除や正月の賑やかな食卓で、いつもよりゴミの量が増える上に収集業者さんがお休み。誰しも苦労されてると思います。


 オレの住む地域では、昨日が今年最初の収集日でした。約1週間分のゴミをドカンと出して、スッキリです。


 でも、去年に比べたらゴミの量が半分も無かったのです。何故かと言うと、オレの家から出るゴミの約2/3は親父の使う紙パンツ。年末年始期間、入院して親父がいなかったものだから、大量の紙パンツゴミが出る事もなくやり過ごせたからなのです。


 他に変化があったのは、洗濯物の量。親父がいる時は、就寝中に漏らしたオシッコが紙パンツの許容量を超えて、下着、ベッドシーツ、時には掛け布団まで浸食。これが一晩に2回なのもしばしば。洗濯機は連日フル稼働。ベランダには運動部の合宿時のような大量の洗濯物でいっぱいなのです。


 現在、洗濯物はベランダの物干しの半分もありません。スカスカ状態です。大人しか住んでいない家はこれが当たり前なのですね(笑)


 親父は昨日から歩行リハビリに入ったようです。何せ10日間ずっと寝たきりで絶食状態でしたから、筋肉も相当衰えて、体力も無くなっているでしょう。聞いた話だと、看護師さんが3人がかりで立たせようとしてもダメだったとか。


 もしかして、立って歩く事を忘れてしまってるのでは…うーん、前途多難だなぁ。


posted by オレ at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする