はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年01月16日

悩みが尽きません


 こんにちは。オレです。


 退院後の親父について色々と考えています。先週半ばの段階では、寝たきりで歩行リハビリもいまいち。車椅子での移動が日常になるだろうとの予測でした。流石にそうなってしまうと、自宅でオレが面倒見る事を見直さなくてはいけません。


 日頃からショートステイを利用している施設がロングステイでの受け入れ可能と言ってくれ、そのままあずけようかとも考えていました。


 でも大きな問題が2つ。一つ目は金銭的な事です。ずっとあずけるとなると、月に10数万円の負担額になります。これはかなりキツイ。


 二つ目は、2年半ここまで頑張ってきて、ポンと全部を人様にお願いする事にオレの中で何か納得できないものがあるのです。


 って、実際に親父の面倒を見ている時より、アレコレ悩む方が辛いものですね。


 他にも色々と心配事はありますが、まずはこの二つの問題を何とか解決できないかと、週末ずっと嫁と話し合って考えてきました。



 もう一度病院に行って、相談してきます。どうかいい方向に進みますように…



posted by オレ at 08:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする