はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年01月17日

食事介助の指導を受けてきました


 こんにちは。オレです。


 今日、午前中から見舞いに行き親父の入院生活を観察。


 10時から入浴タイム。看護師さん3人がかりでベッドから車椅子に移し浴室へ。オレは中までは入りませんでしたが、そのまま3人がかりでの入浴介助だと思います。


 とにかくこちらの言う事が理解できず、「手を上げてください」「横を向いてください」との指示にも無反応。そんな訳で介助は複数人数じゃないと無理です。自宅の時はオレが力ずくで強引におこなっていましたが、さすがに病院はそういうわけにはいきません。横で見てて申し訳ない気持ちが沸々と(笑)


 入浴後は歩行リハビリの時間です。作業療法士さんが迎えに来て車椅子でリハビリルームへ。脇を抱えられたままテケテケと歩く親父。ここでも「右に曲がってください」「止まってください」等の指示も理解不能。やはり横で見てて申し訳ない気持ちが沸々と(笑)


 昼食の時間になりましたので、現在の親父の食事で気をつける事を言語聴覚士さんから指導してもらいました。今、病院で出されている食事は全部、『とろみ剤』を入れてミキサーにかけたもの。見た目はムース状の、とろろ芋をすりおろした感じです。これをスプーンに1/3ずつ位取り、斜めにならないように真っ直ぐに口に入れてくださいとの事。傾けると誤飲の原因になるそうです。


 食べている時は喉の動きに注意し、ちゃんと飲み込んだのを確認して次を口に運んでくださいとの事。自宅の時はオレは面倒くさいから口いっぱい頬張らせていました。ダメですね(笑)そして、時間も30分くらいかけてゆっくりと食べさせてくださいと言われました。


 ちなみに水もとろみ剤を入れてゼリー状。水分が一番誤飲しやすいそうです。薬もゼリー状の水分に混ぜて飲ませるようにと言われました。


 オレ的に一番大変だと感じたのは歯磨きです。ブラッシングした後のうがい。親父はその水をペッと吐き出さず飲んじゃうらしいのです。入院前はちゃんとペッとしてたのになぁ。だから今はうがいをさせずに口の中をガーゼで拭き取っているとか。う〜んこれは大変だぁ。自宅の洗面所の前に立たせれば、ペッとする事を思い出せばいいのですが…


 これらの注意事項をオレだけでなく、デイサービス施設にも理解してもらわなくてはいけません。なんだか色々と心配事ばかりが増えて頭がクラクラです(笑)


posted by オレ at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする