はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年01月26日

退院後の親父の処遇を決めました


 こんにちは。オレです。


 親父が入院したのが先月の29日。まもなく一ヶ月が経過します。実は先週の半ばに、主治医から退院の許可は出ていました。しかし、オレら家族が今後の事を色々と協議する為に病院にお願いして、入院を延長してもらっていたのです。


 オレと嫁で散々話し合い、入院前から利用していた小規模多機能施設。それから毎日のデイケアに通っていた認知症の専門病院からも意見を聞いて結論を出しました。


 現在の親父の状況…体力的には入院前とほぼ変わらない位回復しましたが、認知症の症状は少し進み、更に誤嚥防止の為に食事も特別なものになりました。


 これまで通りに家で全介護するのは無理だろうと思い、平日は小規模多機能施設にロングステイでお願いする事にしました。


 最初は1週間丸々とも考えたのですが、金銭的なものに加えて、オレ自身がここで完全に放棄してしまっていいものかという葛藤があり…つまり介護離職してからの2年半、自分で言うのも何ですが、ここまで頑張ってきた幕切れがコレというのが自分の中で何か納得いかなかったのです。


 そこで、せめて土日だけは自宅へ帰らせて、出来る限りの事はしてあげようと決意しました。


 腹を決め、本日、病院や施設を回って、これからの事をお願いし、細かい打ち合わせをしてきました。親父の退院は今度の土曜日に決定です。



 1週間丸々、施設にお願いしようかと思った時、このブログも終わりかなと思いました。実際に介護をしてない人間が管理人では、何の説得力もないからです。第一にネタがありません(笑)


 でも、とりあえず土日だけでもオレは介護生活をします。だからこのブログももうしばらく続けます。


posted by オレ at 22:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする