はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年03月14日

お父ちゃんのエネルギーチャージ手順

 こんにちは。オレです。


 親父の胃ろう栄養注入の指導を何度か受けました。頭では分かってるのですが、中々これが身につきません。ということで、ちょっと整理する意味で、個人的な備忘録代わりにこちらに記載しておきたいと思います。


お父ちゃんのエネルギーチャージ手順


 (事前準備)薬を20mlの水で溶かしておく(水10、お湯10が理想的)

 @チューブの弁とフタを開け、シリンジ(注射器のでかいやつ)で空気を抜く。

 A水のキャップを開け、入っている空気を押し出して装着。半分注入する。

 B30分時間を空ける。

 C水を少しだけ入れ、栄養食のキャップを開け、固まった部分があれば押し出して装着。注入開始!

 D水を少しだけ入れ、事前準備しておいた薬を注入。

 E水を最後まで全部入れる。チューブ内を綺麗に洗浄するような感じで!


 こうやって文字にすると簡単に感じるんだけどなぁ。実際にやってみると頭が混乱して手順が分からなくなってしまいます。完全にオレも老いています(笑)


 という事で、今日は超個人的な備忘録でした。


posted by オレ at 17:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする