はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年03月24日

吸引器登場!


 こんにちは。オレです。


 親父の栄養補給作業。約1週間が経ち、なんとか手順通りにやれるようになってきました。それでも気を抜くと、チューブに挿入している栄養食がスポンと抜けて、親父のお腹の上にドバドバしてしまう事も。


 この栄養食はヤクルトのような甘い香りがします。なんだか子供が好きそうな香りです。とはいっても、直接胃に送り込むものだから、親父には味が分かるはずもありませんが(笑)


 そして、自宅での痰の誤嚥を防ぐ為の吸引器を用意しました。

sim.jpg

これです


 病院から紹介された業者からのリースです。毎月約7,000円のリース料。購入すれば6、7万円するらしいです。やはり医療機器は高いですね。ずっと使い続けるなら買い取りの方が断然お得ですが、申し込んでいる特養がいつ空くか分かりません。それまでの繋ぎという事でリースにしました。


 明日から、実際にこれを使った吸引の仕方を看護師さんに習う予定です。それにしてもここのところ、習う事ばかりだな(笑)


 親父の退院は徐々に近づいています。
posted by オレ at 17:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする