はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2015年06月30日

親父が入院しましたA


 こんにちは。オレです。


 昨日の天気から一転して今日は梅雨らしいシトシト天気です。


 前回の続きを記していきたいと思います。




 夜中に家中を便まみれにして混乱してた親父。その片付けに朝までかかったオレと嫁。


 朝食の時間になっても親父はベッドから動こうとしませんでした。しかし食後の薬を飲ませなければいけないので、強引に起こして食卓へ。一旦口に運ぶといつもと変わらない食欲を発揮して完食しました。


 ちょっと体が熱っぽいので体温を計ると38度。親父にしてはかなり高熱です。フラフラする足どりを支えてかかりつけの病院へ連れていきました。


 医師に「頻尿である」「おしっこが臭い」「熱っぽい」と説明して検査してもらうと「菌による膀胱炎」を起こしてるのでしょうとの事。抗生剤解熱剤をもらって帰宅しました。


 それから親父はベッドに横になりいびきをかいて眠ってました。昨夜の大騒ぎでほとんど寝れてなかったのだと思います。


 その日の夕食も普通に食べて、熱を計ると37度まで下がっていました。処方された抗生剤を飲ませて就寝。オレは念の為に親父の部屋の隣のキッチンで一夜を明かす事にしました。


 夜中に何度か様子をみると、大人しく横になってる背中が見えます。別段苦しそうな感じでもないので、抗生剤と睡眠導入剤が効いて寝ているのだろうと思ってました。


 結局、親父は一度も起きる事無く朝に。8時頃声を掛けると反応がありません。顏が真っ赤で息が荒く、熱を計ると40度!


 全身がキツイのでしょう。とても立ち上がれる状態ではありません。慌てて救急車を呼び、総合病院へ搬送。


 結果、医師の診断は「尿路感染からの敗血症」。膀胱炎を引き起こしていた菌が全身に回り、処方された抗生剤では間に合わない状態だったらしいのです。


 年齢が若いのなら、確実に完治しますが親父は年が年です。医師も「治ります」と断言できないとの事。万が一の事も頭に入れておいてくださいと言われました。


 鼻から酸素を吸入して、点滴を受ける親父。声掛けしても反応は無く、熱も下がっていません。


 考えたら「こんなに具合が悪いのは初めてだ」と漏らしていた頃から親父はSOSを出していたのかもしれません。オレはその度に「どこがどうキツいの?」と尋ねても親父はそれ以上は言いませんでした。


 言わなかったのではなく、言えなかったのです。認知症が確実に進行して言葉を発しても、発言内容をコントロールする能力は明らかに低下していました。


 親父は自分が思っている事、感じている事をちゃんと言葉にはできなくなっていたのだと思います。


 小さな子供が親にどこが具合が悪いのか訴えられないのと同じです。そばにいるオレがそれを察してやるべきでした。


 それと前夜に大人しく寝ていたのも、ちゃんとそばに行って熱を計ってやるべきでした。そうすればもっと早く発見して、親父を長々と苦しませなくてすんだかもしれません。


 年老いた体で40度の高熱。相当にキツかったと思います。


 とにかく今は少しでも回復してくれるのを祈るのみです。

posted by オレ at 15:51| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく読ませていただいていましたが今は固唾を飲んでおります。お父様早く回復されますようにお祈りしています。オレ様もご自分を責めませんように。素晴らしい介護をなさっていていつも尊敬しています。
Posted by らん at 2015年06月30日 18:26
オレ様、お疲れ様です。 お父様が復活なさる事を祈っています。 オレ様が自分を責めてしまう気持ちあたしもわかりますよ〜。 でも自分を責めるのはやめましょうね。
Posted by まりこ at 2015年06月30日 19:22
大変な週末でしたね。

義母も玄関と廊下に便まみれになり夜中の後片付けは大変だったので
オレ様の大変さがわかります・・・
それ以来トイレの中や玄関とかには一切のマット類は撤去してから掃除が楽になりました。
男の人が介護をするのは大変なことなのにオレ様はとても素晴らしい
介護をしていています。

それと、奥様の毎日の食事プレートはすごいですよ!!
仕事もして大変なのに毎日美味しそうな献立を考えて素晴らしいです!
時々参考させてもらってます。

一日も早いお父様の回復を祈っています。

Posted by ひろりん at 2015年06月30日 19:43
お父様心配ですね。
早く元気になるのを祈っています。
私も毎日母の様子がわからないでいます。特にこの季節は、体調不良によるものか、加齢なのか、認知症進行によるものなのか、眠いだけなのか。自分ならお医者に行く程か決められますが、人を判断するのは本当に難しいと思っています。
私も元気よくご飯食べるのは大きな判断材料にしています。
1つ目のお医者行ったことで安心しきらないで、判断して動かれたのは、良かったです。
どうかご自分を責めたりならさないように。
Posted by 尚 at 2015年06月30日 20:37
お疲れ様です。お父様 ご心配ですね。でも ご自分をせめないでくださいね。
その時、その時 判断したり行動したりしたことは間違ってないと思いますよ。
認知症は病気なのです。決して 誰かがこうしなかったからとか 気づかなかったからとか言う事ではないと思います。
くれぐれも オレ様や奥様も身体に気をつけてくださいね。
長期戦になるかもしれませんからね。
Posted by kuma at 2015年06月30日 23:05
>>らんさん

ありがとうございます。
素晴らしい介護なんてとてもとても。手探り状態でなんとかやってきました。
これからもよろしくお願いします。
Posted by オレ at 2015年07月01日 12:18
>>まりこさん
ありがとうございます。
ああしとけばよかった、こうしとけばよかったと出てくるのは後悔ばかり。
でも仕方ありませんね。前向きに考えたいと思います。
Posted by オレ at 2015年07月01日 12:20
>>ひろりんさん
ありがとうございます。
外で仕事をして、食事の支度をして、オレが行き届かない親父の世話も。
本当に嫁は良くやってくれています。
オレひとりだととっくにギブアップしてました。感謝です。
Posted by オレ at 2015年07月01日 12:23
>>尚さん
ありがとうございます。
そうなんですよね。本人がはっきりと意思表示できないので、食欲を唯一の健康のバロメーターにしてました。
認知症高齢者の健康管理は本当に難しいです。
Posted by オレ at 2015年07月01日 12:25
>>kumaさん
ありがとうございます。
自分の判断は間違ってなかったと少し元気が出ました。
あとはこちらの体調管理をして長期戦に備えます。
Posted by オレ at 2015年07月01日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: