はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2016年06月30日

睡眠導入剤と精神安定剤の併用…そのA


 こんにちは。オレです。


 睡眠導入剤(ゾピクロン錠)と精神安定剤(リスペリドン錠)の併用観察日記2日目です。昨夜も同じく、午後7時に服用しました。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 19:00 服用。ベッドへは行かず、ソファで横になってテレビを観ている。

 19:50 キッチンへ来て何やら話しかけてくるが、ロレツが回らず聴き取り不明。

 20:40 再びキッチンへ登場。喉が渇いたというので麦茶を飲ませる。

 21:45 またまたキッチンへ。相変わらず、ロレツの回らない意味不明の言葉を並べる。

 22:10 トイレへ立つ。15分経っても出てこないので、様子を見るとトイレットペーパーをグルグル手に巻いて、便器の中を覗き込んでいた。

 23:30 部屋の中をグルグルと徘徊

 01:30 ベッドの上に衣類・スリッパ・バッグ・ポールハンガーをひっくり返し、ご本人はお出かけモード

 02:00 なんとか大人しく就寝

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆



 こんな感じでにほぼ、マメに動き回ってくれました。その度にベッドへ連れて行って、寝る様に説得。「はい、わかりました」と返事はするのですが、1時間もするとまたゴソゴソと活動開始。


 薬を飲んで約4時間くらいは、目も虚ろでロレツも回らず、効き目があったようですが、それ以後は目もバッチリ、動きも良く、完全に効き目が無くなっているようでした。


 初日は効果てきめんで、2日目は効果なし。さて、本日3日目はどうなるでしょうか。それにしても眠い(笑)

posted by オレ at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: