はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2016年07月05日

親父、またまた夜中に大暴れ


 こんにちは。オレです。


 昨晩2時頃、玄関に設置している人感センサーが反応し、チャイム音で起こされました。あ、また親父の脱走だと思い、1階へ降りてみると、親父の部屋、キッチン、洗面所、風呂場とほぼ全部の電気が煌々と付いており、キッチンの水道はジャージャーと全開。当の親父は、股引を頭から被り、ほぼ前が見えない状態で家中をウロウロしていました。


 とにかく不要な電灯を消し、マヌケな格好の親父を着替えさせる事に。すると親父の手がヌルヌルしています。よく見ると足元の床もヌルヌルです。洗面所で親父の手をゴシゴシ洗い、着替えさせてベッドに連れて行くと、大人しく寝ました。


 それにしてもヌルヌルが気になります。もしやと水道全開だったキッチンへ行くと…やられてました。夕食の残りのカレーを入れていた鍋と、その横にあった天ぷら油の入った鍋がひっくり返されてたのです。ガステーブルの上はカレーと油まみれで凄いことに。


 これまで何度か、夜中に親父がキッチンで食べ物を漁る為、パンやお菓子等は見えないところに隠していました。まさか鍋に入ったカレーにまで手を出すとは…計算外でした。スプーンや皿等は見当たらず、おそらく手づかみでムシャムシャ食べたのでしょう。その時に油の入った鍋もひっくり返して手も足もヌルヌル状態に。そのまま家中を徘徊し、あちこちの床もヌルヌルに。


 夜中に嫁と二人で掃除です。鍋をひっくり返したガステーブルを分解して拭き、ヌルヌルの床も吹き、全部終わる頃には時刻は4時を回ってました。


 親父が大人しくベッドに寝たのは、「マズい事をしてしまった」という罪の意識があったからでしょう。それにしても、この日の夕食は家族の誰よりも腹いっぱい食べたはずなのに、わずか数時間で食べ物を漁るとは。親父の中で、今関心があるのは自分の食欲を満たす事だけのような気がします。


 100歩譲って、本人が食べないならどれだけ食べてもらってもいいのです。しかしそれで腹を壊し体調が悪くなると、また心配をしなくてはいけません。


 朝になって、親父は普通通り起きて、何事もなかったかのように朝食を済ませてデイサービスへ行きました。頭はどんどん退化してますが、胃腸の強さだけは相変わらず健在のようです。



最近のじい様プレート

↓↓↓











posted by オレ at 15:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

真夜中の騒動、大変でしたね。
明け方までの後片付け、本当にお疲れ様でした。

お父様の深夜の不思議行動、前もって対処するのは中々難しいですよね。


介護殺人の番組、録画しましたがまだ見ていません。

絶対許さない・・・
この息子さんは、おそらく直接介護の大変さを経験していない方なのでしょうか。

ひとまずお疲れ様・・・
ワタシもそう声をかけると思います。

数日前、クローズアッププラスで24時間介護についての番組をやっていました。
その中の終盤、一般の方の声が取り上げられていて
家に他人の人が入ることへの抵抗や、ヘルパーさんなどに鍵を預けたくない、などなど

あーーー、そんなこと言ってるから
介護=自宅介護は無理=施設0r病院
なんだなぁと、思いました。
Posted by ももたろう at 2016年07月13日 13:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: