はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年02月25日

親父の力強さ


 こんにちは。オレです。


 親父の胃ろう手術が決まり、医師から説明を受けました。内視鏡を使った手術で、30分ぐらいで終わるとの事。


 手術当日、昼の12時から開始だったのですが、オレは時間が取れずに夕方病院へ向かいました。病室を覗くと大いびきで寝ている親父。無事に済んだのだなと思っていると看護師さんに呼ばれて、医師の元へ。


 結論から言うと、この日、手術は出来なかったそうです。理由は、親父の胃が以上に上にせり上がって、肋骨の中に入り込んでいるとの事。これが先天的なものなのか、2ヶ月間寝たきりだった為なのかは不明です。


 難しい事は分かりませんが、最初の予定の内視鏡での手術は無理で、開腹して胃を少し下げないと胃ろうが出来ないらしいのです。


 開腹手術となると、親父の年齢的な事もあり、感染症や肺炎の再発のリスクが増えると言われました。医師から「どうします」と言われたのですが、このままの状態では体力がドンドン落ちて長くは持たない事は分かっています。


 例えリスクが増えても、また回復する可能性があるのならお願いするしかありません。医師に「お願いします」と伝え、手術の同意書にサインしました。


 リハビリを担当してくれている作業療法士の人から聞いたのですが、ここ2ヶ月ほぼ寝たきりで、絶食状態の親父ですが、体力はそんなに落ちていないとの事。今でも手を握れは力強く握り返してきます。そんな親父の基礎体力と生命力の強さなら必ず復活するはずです。


posted by オレ at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: