はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年02月28日

親父の手術が終わりました


 こんにちは。オレです。


 本日、親父の胃ろう手術が無事終わりました。色々と問題があり(※詳しくはこちらで)、内視鏡で15分程で終わるはずが、1時間半程かかる開腹手術になってしまいました。正直、年齢的な事や体力が落ちている事もあって、心配はしていたのですが、滞りなく終わったみたいです。


 手術室から出てきた親父は酸素マスクを付けられ大いびきをかいて寝ていました。術前の鎮静剤の効きがイマイチだったらしく、ちょっと多めに投与されたとの事です。そのせいか術後1時間以上経っても爆睡状態でどんなに声掛けしても目を開けようともしません。


 これはイカン。夜にまた眠れなくなって病院に迷惑をかけてしまうと思い、試しに鼻をつまんでみました。しかし大きく口を開けてる為に口呼吸をして効き目なしです。口を閉じさせてみようかと顎をグッと上に持っていこうとしましたが、鋼のように固く断念。


 結局、そのまま2時間程横にいたのですが、コミュニケーションも取れず、ずっといびきを聞かされただけで終わりました。まぁ、術後の痛みに苦しむよりは寝てくれていた方がいいでしょう。


 医師の説明では、「このまま3日程様子を見て、問題なければ次の段階に入りましょう」との事。とりあえずひと安心して病院を後にしました。


posted by オレ at 16:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

久々に訪れたら手術とのこと、、、
お父様の食欲が羨ましいほどだったので、体力戻されたら、また元気になると思います。

オレさんも病院通いは神経使い疲れますから、どうぞご自愛下さい。
Posted by 尚 at 2017年03月05日 00:22

>尚さん

お久しぶりです。
生命力が強い人ですので(笑)きっと回復すると思います。

ありがとうございます。

Posted by オレ at 2017年03月06日 08:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: