はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年03月01日

最後に頼れるのはアナログなのです


 こんにちは。オレです。


 以前にも何回か書いた事あるのですが、親父が認知症を発症したのは約2年半前。あまりにも突然だったもので、困った事が色々とありました。その中のひとつが親父の資産管理です。


 ぜ〜んぶ1人でやって、他の家族はノータッチだった為、どこの銀行に金額がいくらあるのか、印鑑はどれなのかもチンプンカンプン。発症当時のまだ少しは普通の会話が出来る親父に、何度も金庫の開け方を尋ね、なんとかそこから通帳や書類関係を引っ張りだし、ひとつずつ確認したものです。


 親父は用心深い性格なので、複数の金融機関に小分けして色々な方法でお金を預けていました。いざという時の為に定期や積立ては満期になる毎に解約し、中には本人じゃないと手続き出来ないというものも有り、まともに会話も出来ない親父を連れて行って事情を説明しながらひとつずつ解決していきました。


 そして最後にひとつ残った定期が満期を迎え、今日無事に解約出来ました。これで親父の資産は全部把握できたと思います。さすがにもう隠し財産は無いでしょう。


 ここでふと自分の事を考えてみました。現代人なら少なからず、ネットを通じてお金の振込をしたり、引き落としをされたりしています。


 親父は年代的にネットを使ってどうこうする人間じゃなかったので、『書類』という形でヒントがありました。でもオレの場合は、自分しか知らないIDやパスワードがいくつもあります。まぁ、大した資産もなければ、借金も殆どないですが、オレが死んじゃうとこれが全部野放し状態に…。


 ちょっと背筋が寒くなりました(笑)大事な事はアナログな形でノートにでも残しておかないとダメですね。


posted by オレ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: