はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年03月06日

エネルギーチャージ開始〜♪


 こんにちは。オレです。


 昨日、親父の病室へ行くと、ベッドの脇にパーキングメーターみたいな機械が置いてあり、そこからチューブが伸びて親父と繋がれていました。


 看護師さんに訊ねると、今日から胃ろうの栄養補給開始で、この機械はチャージする時間を調節するやつらしいです。


 多分、いきなり栄養を注入するのは問題があるでしょうから、まずは時間を掛けて少しずつチャージするのでしょう。その間親父は大イビキで寝ていました。


 少し経ってから目を開けたので、「美味しいですか?」と訊ねても返事はせずにまた目を閉じて大イビキ。オレもそこで「あっ」と気づいたのですが、直接胃に栄養補給してるから、味も何もあったもんじゃないんですよね(笑)


 この日は1時間ぐらいかけてのチャージだそうです。心なしか親父の顔色が少し良くなった気がします。


 でも、今は体力が落ちて抵抗する事もなく、大人しくやらせてるけど、体力が回復してきたら、また暴れん坊将軍になって大変になるんだろうなぁ。


 回復したらしたでひと苦労ありそうですな(笑)


posted by オレ at 13:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お父様に早く栄養が行き渡りますように!!

Posted by 尚 at 2017年03月07日 00:56


>尚さん

ありがとうございます。順調に行き渡ってきている模様です。
Posted by オレ at 2017年03月09日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: