はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年04月17日

人生の逆回転


 こんにちは。オレです。


 4月に入ってからオレは平日の昼、ほぼ毎日仕事に行っています。それもあって月曜から金曜まで親父は施設のロングステイを利用中です。そして週末は自宅へ。先週の土日も家で過ごしました。


 5日ぶりに見た親父は、また一段と元気になっていました。気分が乗れば介助無しで自分で立ち上げる事も出来き、そのまま家の中をトコトコ歩きます。しかし2、3歩進むと自分が何が目的で歩いているのかを忘れて立ち止まります。


 そこに食べ物があると要注意です。ほぼ間違いなく手が伸びます。しかし、胃ろうの栄養チャージしているので、口からの食べ物摂取はご法度。親父の目が届きそうな範囲には何も置けません。


 それでもガサゴソと漁りだす親父。でも、体の向きをクルっと変えてやると、自分が何かを漁っていた事を忘れて、また前へトコトコ歩いていきます。


 こんな感じで、自分の思うようにならない時も怒る事は無くなりました。その意味ではかなりやりやすくなっています。


 人間の成長過程は赤ちゃんから始まり、自我が芽生えてくると反抗が出てきます。親父はまるでそれの逆回転を行ってるのでしょう。反抗期の時期を通り過ぎて、自我が芽生える前の赤ちゃん状態に近いのかもしれませんね。まぁ、紙パンツの時期も過ぎてオムツ状態になっていますし(笑)


 月曜日の朝、反抗する事も無く元気にロングステイへ出かけて行きました。また1週間頑張りましょう。


posted by オレ at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: