はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年10月27日

5ヶ月が経過しました@


 ご無沙汰しています。オレです。


 親父が養護施設に入所してから約5ヶ月が経ちました。今は嫁と交代で2週間に一度程面会に行っています。


 オレらが行くと親父は笑顔で迎えてくれます。そして使うのは敬語。オレらの事を家族だという認識は無いようです。入所前からそうだったのですが、言ってる事も支離滅裂。内容の半分以上は何と言ってるのか聞き取れません。


 たとえ意思疎通が出来なくても、オレらの事を家族と思っていなくても、穏やかに機嫌良く接してくれるだけでも十分かなと思っています。


 今でこそ大人しいおじいちゃんですが、入所当初はかなりの暴れん坊ぶりを発揮していたようです。部屋に備え付け洗面台にの電動水道を親父は夜中にゴソゴソ動き回り、引き抜いて破壊したそうです。たとえ修理しても、また同じように引き抜く恐れがあり、しかも水で感電しては危険だという事で、哀れその洗面台は使用不能になってしまいました。


 また別の日には、他の利用者さんの部屋に入り込み、その人のベッドの片隅に寝ていたりとか、帽子を勝手に持ち帰ったり等の迷惑行為もありました。


 2、3ヶ月が過ぎた頃から徐々に落ち着きを見せはじめ、夜も大人しく寝るようになったとか。親父自身、施設の生活に慣れてきたのでしょう。同時にスタッフさんも親父に慣れて、迅速な対応が出来るようになったのだと思います。


 胃ろうの時もじっとして大人しく栄養補給をさせています。入所時にオレらが一番心配したのは、他の利用者さんの食事に手を出さないかという事でした。でも食事の時は一人近くのソファーに座って、食べ物を欲しがる素振りも見せないそうです。他の人達がガヤガヤと食事をしている時に、ひとりだけポツンと座っている姿は少し可哀想に見えますが…。



 こんな感じでたまには親父の近況、オレらの近況も綴っていこうと思っています。『介護日記』としての役割とはちょっと違ってきますが、『介護生活』を経験した家族のメモ帳的なものとして続けていくつもりです。

posted by オレ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。