はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年11月11日

もう一人のお父さん。そしてお母さん


 こんにちは。オレです。


 オレの嫁は、車で約4時間走ったところにある県の出身でです。女ばかりの姉妹で、全員離れたところに嫁いでいるので、実家にはお義父さんとお義母さんが二人だけで住んでいます。


 先日、そのお義父さんが亡くなりました。長く肝臓を患い、ここ2年は入院して、週一回の透析を受けていました。オレと嫁は親父の介護の中で時間を見つけては、3ヶ月に1度くらいの割合でお見舞いに通いました。


 お義父さんも最初の頃は元気で、病室で共通の趣味である野球の事について話していましたが、ここ1年くらいは、食事がまともに取れなくなり、徐々に体力が落ちて、お見舞いに行っても殆ど目を閉じて寝ていました。


 お義母さんは年齢が80に近いながらも、自分で車を運転して、毎日お義父さんの病室に。食事が取れなくなってからも、栄養価の高いジュースやお義父さんの好きなガリガリ君アイスを持って通っていたそうです。


 4ヶ月程前、お義母さんと一緒に病室に行った時、ずっと寝てばかりのお義父さんがたまたま目を明けて、ガリガリ君にかぶりつく姿が妙に可愛らしかったです。



 夏を過ぎた頃、溶体がかなり悪くなり、医者から「いつ亡くなってもおかしくない」と宣言されました。それでもお義母さんは嫁に対して「急変したら連絡するから来なくていいよ」と。娘に無理をさせまいという気遣いだったと思います。


 オレは仕事で動けませんでしたが、嫁は「今行かなきゃいけない気がする」と言って一人でお見舞いに行きました。その二日後、お義父さんは亡くなったのです。多分、嫁には『虫の知らせ』があったのでしょう。


 葬儀は家族葬でした。嫁は4人姉妹で、その連れ合い、孫、さらにひ孫が集まって、賑やかなのが好きだっお義父さんをみんなで送りました。


 病気で苦しい思いをしたのは可哀想でしたが、最期まで認知の症状はなく、家族とちゃんとコミュニケーションが取れ、89歳という天寿を全うしたお義父さん。大往生だったと思います。


 連れ合いを亡くしたお義母さん。悲しさや寂しさは当然ですが、それと同時に最後までお義父さんを看取ってホッとした気持ちもあるでしょう。


 2年もの間、毎日病院へ通いお義父さんの世話をして、心配して、高齢のお義母さんには大変だったでしょう。オレの立場から言うのもおこがましいですが、親父の介護をやってきた経験上、まずはお義母さんに「お疲れ様でした。頑張りましたね」と声をかけてあげたいです。


 お義父さんは強面の昭和の頑固親父然とした人でした。そのお義父さんが亡くなる直前にお義母さんに「今迄ありがとう。愛してる」と言ったそうです。本当に感謝の気持ちでいっぱいだったと思います。その言葉でお義母さんも苦労が報われたんじゃないでしょうか。


 オレにとってのもう一人のお父さん。ありがとう。そしてさようなら。


posted by オレ at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: