はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2018年01月21日

家族間のコミュニケーション@


 こんにちは。オレです。


 遅くなりましたが新年明けて一発目の更新です。年末年始、オレはずっと仕事だった事もあり、親父は自宅に帰る事もなく施設で年を越しました。仕事がひと段落ついて家族みんなで親父を訪ねると、いつものようにニコニコと笑顔で迎えてくれました。


 正月といっても、経管胃ろうの親父はお屠蘇を飲むわけでもなく、おせち料理を食べるわけでもなく、いつもとなにひとつ変わらない時間を過ごしたようです。


 自宅の親父宛に来た年賀状を持って行き「○○さんからも△△さんからも年賀状が来てましたよ」と伝えると、「あぁ、そうですか」とつれない対応。話の内容は全く理解せずに本能的に返事をしているようです。今流行の『塩対応』とはちょっと違う、無味無臭の『空気対応』です(笑)


 オレの息子を指差して「ほら、孫もきてますよ」と言っても知らない人に社交辞令でもするような会釈をするだけ。ほんの数年前まであんなに可愛がっていたのに、すっかり記憶の中から消えているようです。


 正月過ぎたらすぐに親父の87回目の誕生日。プレゼントも一緒に持って行きました。ニットの帽子と膝掛けの毛布。

nit.JPG


 「お父さん、今度の誕生日でいくつになりますか?」と訊ねると「私ですか?30歳です」と57歳の強烈な鯖読み…いやいや、本当にそう思ってるのかもしれません。


 このような感じで、まともな大人としてのコミュニケーションは全く無理な状況。これはこれで可愛らしいのですが、若干の寂しさがあるのは否めません。


 最近、対大人の家族間コミュニケーションについて考えさせられる出来事がありました。それについて個人的な意見を次回書きたいと思います。

posted by オレ at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: