はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2018年02月14日

まさかの面会謝絶


 こんにちは。オレです。


 今年は雪が多い冬です。東北や北陸は考えられないくらいの量の積雪を記録し、市民の生活にも大きく影響しているようです。


 ここ長崎も量は多くはないですが、いつもより多い回数の積雪を記録しています。オレが住む地域は山の方なので、ちょっと降っただけでも道路は真っ白。公共交通機関のバスも運行休止になって、正に隔離状態となってしまいます。


 そんな毎日が続く中、施設に入所している親父はどうしているだろうと、車のタイヤにチェーンを巻いて面会に行ってみる事にしました。


 片道約30kmの距離。チェーンを巻いている為にガタガタと乗り心地は悪く、スピードも出さずに安全運転でトロトロ走行。通常なら1時間もすれば到着する道のりを、1時間程かけてのロングドライブ。


 「やっと着いたぁ」とホッとして入り口に向かうと扉に1枚の張り紙が。


 『インフルエンザ予防の為、只今面会をお断りしております』の文言。


 確かに、駐車場に外来の車は一台も止まっておりません。念のため、入り口すぐの事務所へ。スタッフさんみんなマスク姿で、「すみません。ちゃんと電話で連絡しておけばよかったですね」と謝られました。


 いやいや、そんな利用者の家族みんなに連絡するのも大変でしょう。ましてや、平日に…この雪の中に来るのはオレぐらいのものでしょうから。


 スタッフさん曰く、入所者に1名インフルエンザが出たらしく、さらなる感染を防ぐ為に外部との接触をシャットダウンしていますとの事でした。


 入所者は高齢者ばかり。ちょっとした感染でも命に関わるリスクも多いと思います。施設側の賢明な判断ではないでしょうか。


 ちなみに親父は、まったく感染の様子もなく、元気に相変わらず落ち着き無く過ごしているとの事でした(笑)


 オレはまた1時間半の道のりを、チェーンを巻いた乗り心地の悪い車をゴロゴロと転がして帰りました。


 お父ちゃん!また暖かくなったら会いにいくからね。


posted by オレ at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。