はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2018年02月28日

伯母さん、ご家族の皆さん、お疲れ様でした


 こんにちは。オレです。


 先日、伯母が亡くなりました。オレの死んだお袋の姉。91歳の大往生でした。10数年前より体調が思わしくなく、家族の介護が必要だという話は聞いていました。


 オレも仕事が忙しかったり親父の介護があったりとかで、疎遠になっており、ここ15年位は会っていませんでした。そういう事もあり、伯母さんが亡くなったとの連絡が入った時、正直「悲しい」という実感が湧きませんでした。それより寧ろ、91歳の高齢まで頑張った伯母さん、最後まで大変な介護を続けた家族に対して『ご苦労様でした』という労いの気持ちが大きかったです。


 もっとぶっちゃけて言えば、伯母さんを看取った家族へ『介護生活卒業おめでとう。よく頑張りました。』という言葉をかけてあげたいというのが一番の気持ちです。これは同じ境遇を過ごした経験のある人間だからこそだと思います。


 これまでにも親戚・知人の不幸はありましたが、故人の事ばかりを考えて悲しむ事はあっても、家族の事を考える事はありませんでした。そこに目を向けられるようになったのも、親父の介護生活があればこそ。3年間の経験は無駄では無かったのかなと思っています。

posted by オレ at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。