はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2018年02月28日

伯母さん、ご家族の皆さん、お疲れ様でした


 こんにちは。オレです。


 先日、伯母が亡くなりました。オレの死んだお袋の姉。91歳の大往生でした。10数年前より体調が思わしくなく、家族の介護が必要だという話は聞いていました。


 オレも仕事が忙しかったり親父の介護があったりとかで、疎遠になっており、ここ15年位は会っていませんでした。そういう事もあり、伯母さんが亡くなったとの連絡が入った時、正直「悲しい」という実感が湧きませんでした。それより寧ろ、91歳の高齢まで頑張った伯母さん、最後まで大変な介護を続けた家族に対して『ご苦労様でした』という労いの気持ちが大きかったです。


 もっとぶっちゃけて言えば、伯母さんを看取った家族へ『介護生活卒業おめでとう。よく頑張りました。』という言葉をかけてあげたいというのが一番の気持ちです。これは同じ境遇を過ごした経験のある人間だからこそだと思います。


 これまでにも親戚・知人の不幸はありましたが、故人の事ばかりを考えて悲しむ事はあっても、家族の事を考える事はありませんでした。そこに目を向けられるようになったのも、親父の介護生活があればこそ。3年間の経験は無駄では無かったのかなと思っています。

posted by オレ at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

まさかの面会謝絶


 こんにちは。オレです。


 今年は雪が多い冬です。東北や北陸は考えられないくらいの量の積雪を記録し、市民の生活にも大きく影響しているようです。


 ここ長崎も量は多くはないですが、いつもより多い回数の積雪を記録しています。オレが住む地域は山の方なので、ちょっと降っただけでも道路は真っ白。公共交通機関のバスも運行休止になって、正に隔離状態となってしまいます。


 そんな毎日が続く中、施設に入所している親父はどうしているだろうと、車のタイヤにチェーンを巻いて面会に行ってみる事にしました。


 片道約30kmの距離。チェーンを巻いている為にガタガタと乗り心地は悪く、スピードも出さずに安全運転でトロトロ走行。通常なら1時間もすれば到着する道のりを、1時間程かけてのロングドライブ。


 「やっと着いたぁ」とホッとして入り口に向かうと扉に1枚の張り紙が。


 『インフルエンザ予防の為、只今面会をお断りしております』の文言。


 確かに、駐車場に外来の車は一台も止まっておりません。念のため、入り口すぐの事務所へ。スタッフさんみんなマスク姿で、「すみません。ちゃんと電話で連絡しておけばよかったですね」と謝られました。


 いやいや、そんな利用者の家族みんなに連絡するのも大変でしょう。ましてや、平日に…この雪の中に来るのはオレぐらいのものでしょうから。


 スタッフさん曰く、入所者に1名インフルエンザが出たらしく、さらなる感染を防ぐ為に外部との接触をシャットダウンしていますとの事でした。


 入所者は高齢者ばかり。ちょっとした感染でも命に関わるリスクも多いと思います。施設側の賢明な判断ではないでしょうか。


 ちなみに親父は、まったく感染の様子もなく、元気に相変わらず落ち着き無く過ごしているとの事でした(笑)


 オレはまた1時間半の道のりを、チェーンを巻いた乗り心地の悪い車をゴロゴロと転がして帰りました。


 お父ちゃん!また暖かくなったら会いにいくからね。


posted by オレ at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

家族間のコミュニケーション@


 こんにちは。オレです。


 遅くなりましたが新年明けて一発目の更新です。年末年始、オレはずっと仕事だった事もあり、親父は自宅に帰る事もなく施設で年を越しました。仕事がひと段落ついて家族みんなで親父を訪ねると、いつものようにニコニコと笑顔で迎えてくれました。


 正月といっても、経管胃ろうの親父はお屠蘇を飲むわけでもなく、おせち料理を食べるわけでもなく、いつもとなにひとつ変わらない時間を過ごしたようです。


 自宅の親父宛に来た年賀状を持って行き「○○さんからも△△さんからも年賀状が来てましたよ」と伝えると、「あぁ、そうですか」とつれない対応。話の内容は全く理解せずに本能的に返事をしているようです。今流行の『塩対応』とはちょっと違う、無味無臭の『空気対応』です(笑)


 オレの息子を指差して「ほら、孫もきてますよ」と言っても知らない人に社交辞令でもするような会釈をするだけ。ほんの数年前まであんなに可愛がっていたのに、すっかり記憶の中から消えているようです。


 正月過ぎたらすぐに親父の87回目の誕生日。プレゼントも一緒に持って行きました。ニットの帽子と膝掛けの毛布。

nit.JPG


 「お父さん、今度の誕生日でいくつになりますか?」と訊ねると「私ですか?30歳です」と57歳の強烈な鯖読み…いやいや、本当にそう思ってるのかもしれません。


 このような感じで、まともな大人としてのコミュニケーションは全く無理な状況。これはこれで可愛らしいのですが、若干の寂しさがあるのは否めません。


 最近、対大人の家族間コミュニケーションについて考えさせられる出来事がありました。それについて個人的な意見を次回書きたいと思います。

posted by オレ at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする