はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年02月21日

食べたいもの・食べたい場所

みんなお家がいいんです

 「訪問介護の仕事をしていると、何らかの理由で入院になってしまう利用者さんが結構いらっしゃいます。転んで骨折をしてしまったり、風邪から肺炎を発症してしまったり。あるいは、持病の悪化により入院加療が必要になる人など、その原因はさまざま。そしてこうした方々は高齢のため、退院時には入院前の状態に戻れていることがほとんどありません。

続きを読む


 介護職に長年従事されている方が書かれたコラムです。親父の『食』の事で思案している今、何かヒントになるものは無いかと探している時に見つけました。


 病気や怪我等の症状別に、高齢者が入院すると状態が悪化していく例がいくつか挙げられています。今の親父が正にその通りです。


 しかし、退院して状態が改善した事例も書かれていました。親父と同じように嚥下反射の衰えでミキサー食を余儀なくされていた人が、退院していなり寿司を2個ペロリとたいらげたそうです。入院中にはミキサー食を1/3ぐらいしか食べられなかったのに、突然戻ってきた食欲。


 その原因は病院食が「食べたいもの」ではなく、病院も「食べたい場所」では無かったのだろうという事です。確かに、ミキサー食は食欲をそそらないし、病院で食べるのも味気ない感じがしますよね。


 これはかなりのレアケースでしょうし、親父がそれに当てはまるかどうかは別としても、少し光が差したような感じはしています。ネット検索してみるもんですね(笑)

posted by オレ at 23:24| Comment(4) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

介護難民危機「92歳認知症母の施設がない」

須田哲夫アナ語る介護難民危機「92歳認知症母の施設がない」

 「今いる施設にもそう長くはいられないので、次の入居先を探しているのですが。今日も散歩のあとに施設の方と『なかなかいいところがなくてね』なんて話していたところです」

続きを読む


 須田哲夫アナといえば、年齢的にもう定年かなと思っていましたが、嘱託で今でも報道番組のMCをされていますね。現役バリバリでテレビ出演されている方が私生活でお母さんの介護をされているとは知りませんでした。


 お母さんが施設に入所されてるとはいえ、仕事と介護の両立は本当に大変だと思います。(介護離職しているオレでさえアップアップなのですから)


 それにしても、今の施設を出たあとの処遇…民間の普通の施設で月に40万から50万って、庶民が払える金額じゃないですよね。都会は大変だなぁ。


 うちの親父を今の小規模多機能施設に丸々預けた場合、オレの概算でも月に20万弱でした。それでも都会に比べればマシな方ですね。


 しかし、需要があっても供給が間に合っていないこの業界。都会・田舎に関係なく難民はこれから増えていくのでしょうね。


posted by オレ at 16:09| Comment(0) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

苦戦している介護現場…『老老接客』

介護業界で倒産急増、人手不足が深刻に

 企業倒産の減少傾向が続く中、成長産業とされてきた介護業界で倒産が急増している。東京商工リサーチによると、2016年の老人福祉・介護事業者の倒産は前年比4割増の108件と、00年の調査開始以来、最も多かった。

続きを読む



 親父が通所、ロングステイしている施設はいつもスタッフさんがバタバタと忙しそうです。第三者の目から見て『人手不足』なのは明らかです。


 数ヶ月前にそこの社長さんと話した時に「お恥ずかしい話ですが…」と前置きをされて、若いスタッフが数人まとめて辞めたという事を聞かされました。理由は「もっと大きな施設で介護の事を勉強したい」との事だったらしいのですが、社長さんは「待遇面で満足していなかった事は明らかです」とおっしゃっていました。


 記事にあるように、介護報酬の引き下げ等で小規模な施設はかなり苦戦を強いられています。親父の施設も、その後新しいスタッフが入りましたが、年配の方が多く、『老老介護』ならぬ『老老接客』のような形になりつつあります。


 日頃から親父に対して良くしてもらい、スタッフさんの懸命さも理解しています。しかし正直「大丈夫かな?」という心配は消えません。


 これだけ高齢化社会になって需要は腐る程あるのに、供給が間に合わない。このジレンマはますます高くなっていくんでしょうね。


posted by オレ at 11:30| Comment(0) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする