はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年02月04日

苦戦している介護現場…『老老接客』

介護業界で倒産急増、人手不足が深刻に

 企業倒産の減少傾向が続く中、成長産業とされてきた介護業界で倒産が急増している。東京商工リサーチによると、2016年の老人福祉・介護事業者の倒産は前年比4割増の108件と、00年の調査開始以来、最も多かった。

続きを読む



 親父が通所、ロングステイしている施設はいつもスタッフさんがバタバタと忙しそうです。第三者の目から見て『人手不足』なのは明らかです。


 数ヶ月前にそこの社長さんと話した時に「お恥ずかしい話ですが…」と前置きをされて、若いスタッフが数人まとめて辞めたという事を聞かされました。理由は「もっと大きな施設で介護の事を勉強したい」との事だったらしいのですが、社長さんは「待遇面で満足していなかった事は明らかです」とおっしゃっていました。


 記事にあるように、介護報酬の引き下げ等で小規模な施設はかなり苦戦を強いられています。親父の施設も、その後新しいスタッフが入りましたが、年配の方が多く、『老老介護』ならぬ『老老接客』のような形になりつつあります。


 日頃から親父に対して良くしてもらい、スタッフさんの懸命さも理解しています。しかし正直「大丈夫かな?」という心配は消えません。


 これだけ高齢化社会になって需要は腐る程あるのに、供給が間に合わない。このジレンマはますます高くなっていくんでしょうね。


posted by オレ at 11:30| Comment(0) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

高知東生・酒井法子に「介護をなめるな」の声「します」アピールも実態なし

高知東生・酒井法子に「介護をなめるな」の声 「します」アピールも実態なし

「介護をなめるな」――。先日、覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された元俳優の高知東生容疑者(51)の近況が分かるにつれ、インターネット上には、こんな怒り交じりの声が上がるようになった。

続きを読む



 数日前にもこのブログに書きました。

 覚醒剤など所持疑いで・・・元俳優逮捕

 正直、この男の事等もうどうでもいいのですが、連日ワイドショーで報道される度に耳に入り、怒りがフツフツとこみ上げてくるのです。


 『介護』を好感度アップの為のツールとして使った事にどうしても腹の虫がおさまりませぬ。


 「とりあえず“介護”という言葉を使っとけば、立派な人に見えるだろう」とう安易な気持ちで口にして、実態は人の金でエステサロンを開業しながら、愛人とクスリ三昧の生活をおくってたり、介護を勉強するという言葉はどこへやら…結局は人から注目を集める華やかな世界に戻れればいいと思っていたり。


 この人達に問いたい。


 糞尿まみれになった親の体を、素手で洗ってあげた事がありますか?

 おしっこ垂れ流しの廊下を掃除した事ありますか?

 良かれと思ってお世話をしてるのに、それが通じずに罵倒され、叩かれた事がありますか?

 徘徊の恐れがある為に、夜間寝ずの監視をした事がありますか?

 体調が悪い時、這いずって親の元へ行き、フラフラになりながら世話した事ありますか?

 自分の生活を犠牲にし、家族の世話をした事がありますか?



 オレは全部あります。いや、オレだけじゃなく、世間一般自宅介護、もしくは介護を仕事としている人はみんな経験している事です。


 本当にこの投稿のタイトルじゃないですが、介護をなめるなよ!です。



 
posted by オレ at 21:36| Comment(2) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

覚醒剤など所持疑いで・・・元俳優逮捕



 この高知東生容疑者。俳優を引退したのは、奥さんの高島礼子さんのお父さんの介護の為じゃなかったでしょうか。


 ちょうど1年前、オレも記事を書いてます。


 男の介護離職について


 男が介護の為に仕事を辞める事について、この時のオレにはまだまだ抵抗がありました(今でもそうかも…)


 とにかく高知容疑者の決断は、色々悩んでいたオレを励ましてくれる事だったのを覚えています。有名人がこうして宣言する事が、オレら介護離職者の星のような気がしていたのです。そんな個人的な思いがあっただけに、この報道はとても残念です。


 詳しい事は分かりませんが、彼が介護の重圧に負けて覚醒剤に走っていたとしても、自分が世話をしている人間がいる事を真剣に考えたなら、クスリに逃げるというのはとても無責任な事。クスリに溺れてヘロヘロになった時、誰がお義父さんの世話をするのでしょうか?


 そう考えると、介護の為に引退したというのも建前で、本当は別のところに理由があったのではないかと疑ってしまうのです。つまり介護を盾にして、現実から逃げた人間じゃないのかと。


 最近、のりピーが歌手として復帰するとかいう報道も耳にしました。彼女も介護の道で頑張る事で罪滅ぼしをしていきたいと言ってませんでしたっけ?あれも結局、世間の批判を逃れる為に介護を盾にしたのでしょうか。


 彼らは介護を免罪符に使っているような気がしてなりません。


 てめぇら、介護をナメんなよ!

posted by オレ at 23:05| Comment(0) | ニュースな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする