はじめに

 平成26年夏、同居している親父が自宅の階段から転落し救急車で搬送され入院。
 その日を境に親父はアルツハイマー型認知症を発症。
 それは親父とオレと家族の生活を一変させる出来事だったのです。
 詳しくは下記に記しています。
 介護初心者のオレが親父のサポートに取り組む姿を綴っていきたいと思っています。


スポンサーリンク

2017年05月15日

ゴールが見えて来ました。


 こんにちは。オレです。


 約1ヶ月ぶりです。ご無沙汰していました。この間ずっとオレは短期のアルバイトに行き、親父は平日は小規模多機能施設のロングステイ、土日は自宅で過ごすという生活を送っていました。


 3月末までの入院生活で体力が落ちていた親父も、ここ1ヶ月半でかなり回復。介助無しでもなんとか歩行出来るようにまでなりました。ただ、体力が回復すると別の問題も。徘徊の恐れが出てきたので目は離せなくなって来ました



 そして、大きな変化がひとつ・・・2年前に申し込んでいた養護施設の入所の順番が回って来ました。ただし2年前と親父の状況はかなり変わりました。認知症の進行と栄養補給が胃ろうになった事です。その当たりも含め、養護施設側が受け入れ可能かどうか面談をする事になりました。


 親父とオレと嫁、そして今お世話になっている小規模多機能施設の方からも状況の聞き取り面談です。その面談の前々日、小規模多機能施設の代表の方から「もし可能ならばこのままうちでお世話をさせてください」と言われました。


 代表の方は、親父の今の状況を考え、細かいとこに目が行き届く小規模多機能のメリットを挙げられ、そして金額面でも負担を少しでも減らすように考えてますと言われたのです…つまり値下げすると。


 色々な要因があると思います。親父は確かに徘徊の恐れがあって目が離せない事はありますが、精神的に穏やかになっており、他の利用者さんに比べ手がかからない事、それに肉体的に丈夫なので、これから先、長く利用する可能性が高い事等、施設側からしても手放したくないのかもしれません。


 オレの心は激しく揺れました。たとえ施設側の都合だったとしても、「ずっと居て欲しい」と思われる親父って、凄く幸せなのかなぁと。それから確かに、小規模多機能施設は細かいところに目が届き、アットホームな雰囲気なので、親父にとっては心地よい空間なのかなと思ったりもしたのです。


 そして迎えた面談日。養護施設の人に今の親父の状況、家庭の状況、オレの仕事の事、経済的な事など包み隠さず話しました。同席してくれた小規模多機能施設のスタッフさんも、複雑な気持ちだった思いますが、客観的にちゃんと親父の状況を説明してくれました。結果は、受け入れOK。


 その後嫁ともう一度相談しました。色んなシチュエーションを想定した結果、養護施設の方にお願いする事に決めたのです。入所は来週の月曜日。明日から準備に追われます。



 親父の介護を始めて約3年。先の見えない生活の中、養護施設へ入所する時をひとつのゴールと考えていました。そのゴールがようやく目の前に見えてきました。


posted by オレ at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

人生の逆回転


 こんにちは。オレです。


 4月に入ってからオレは平日の昼、ほぼ毎日仕事に行っています。それもあって月曜から金曜まで親父は施設のロングステイを利用中です。そして週末は自宅へ。先週の土日も家で過ごしました。


 5日ぶりに見た親父は、また一段と元気になっていました。気分が乗れば介助無しで自分で立ち上げる事も出来き、そのまま家の中をトコトコ歩きます。しかし2、3歩進むと自分が何が目的で歩いているのかを忘れて立ち止まります。


 そこに食べ物があると要注意です。ほぼ間違いなく手が伸びます。しかし、胃ろうの栄養チャージしているので、口からの食べ物摂取はご法度。親父の目が届きそうな範囲には何も置けません。


 それでもガサゴソと漁りだす親父。でも、体の向きをクルっと変えてやると、自分が何かを漁っていた事を忘れて、また前へトコトコ歩いていきます。


 こんな感じで、自分の思うようにならない時も怒る事は無くなりました。その意味ではかなりやりやすくなっています。


 人間の成長過程は赤ちゃんから始まり、自我が芽生えてくると反抗が出てきます。親父はまるでそれの逆回転を行ってるのでしょう。反抗期の時期を通り過ぎて、自我が芽生える前の赤ちゃん状態に近いのかもしれませんね。まぁ、紙パンツの時期も過ぎてオムツ状態になっていますし(笑)


 月曜日の朝、反抗する事も無く元気にロングステイへ出かけて行きました。また1週間頑張りましょう。


posted by オレ at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

秘密兵器・バイトブロック!


 こんにちは。オレです。


 親父が退院してから10日が過ぎました。あれだけヨレヨレだったのが、しっかりと自分で立ち上がる事が出来るまでになりました。栄養補給の量は入院中と全く変わっていません。それなのにこの回復は、やはり寝たきり生活じゃなくなった為だと思います。


 昼間は基本、施設でソファに座ってゆったりと過ごしています。スタッフの方や他の利用者さんからも声を掛けられ、脳にも刺激が与えられています。思えば、入院中はずっとベッドの上に一人でした。


 時々看護師さんが来て、バイタルチェックやオムツの交換の際に声をかけてもらうだけ。テレビを見るわけでもなく、当然、本や新聞は読みません。一日の大半を眠るだけの生活。これでは頭も体も退化しちゃいますよね。


 表情も豊かになり、言ってる意味は不明ですが、言葉もよく発するようになりました。



 ところで、親父の退院の際の準備するものが色々とありました。胃ろうの為の栄養補給グッズ、吸引器や接続する為のカテーテル。ひと通り揃えたつもりでしたが、ひとつだけ足りないものがありました。


 入院中、口腔ケアや吸引の時に、口を開けるようにマウスピースみたいな細長いパイプを口に入れられていました。それが無いと歯を食いしばってしまい、カテーテルを入れる事ができません。


 そのマウスピースみたいなグッズが一体なんだろうと、ネットで色々調べても出てきません。『吸引 口に入れる 器具』等のキーワードで検索したのですが、全く違うものばかりにヒットするのです。


 困ったオレは病院に電話し、その器具について教えてもらいました。看護師さん曰く「あれは医療用の器具でバイトブロックというものですよ」「通常のドラッグストアに売ってますかねぇ」と尋ねると、「医療器具なので多分無いと思います。歯科医院に問い合わせれば手に入るかもしれませんよ」との事。


 うーん、歯科医院か。オレは30年前に親知らずを抜く時に麻酔が効かずに死ぬ目に会って以来の歯医者アレルギー。ここは素直に『バイトブロック』の名前で検索。


 するとア○ゾンや楽○の通販サイトにしっかりとヒット。案外安い価格(350円位)で購入できました。ちなみに送料が500円かかるという本末転倒な支払いになったのですが、仕方ありません。歯医者アレルギーなので(笑)


 という事で手に入れた『バイトブロック』はこれです。

バイトブロック.jpg


 これで今日から吸引が楽になりそうです。

posted by オレ at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする